ここから本文です

英俳優パトリック・スチュワートがチャリティのためパロディ・ビデオで熱唱

Billboard Japan 7月7日(木)17時55分配信

 映画『スタートレック』や『X-メン』でお馴染みの英俳優パトリック・スチュワートが、革ズボンにテンガロンハットという見慣れぬ姿でカントリー・ミュージックの名曲を熱唱するパロディ・ビデオが公開された。チャリティのためだという。

 同パロディ・ビデオにて忘れ去られたカントリースター役を熱演しているスチュワートは、ヨーロッパや中東における危機の影響が及んだ家族への支援機関“International Rescue Committee(IRC/国際救援委員会)”の募金活動を目的に、「Buttons and Bows」(ボタンとリボン)、「Don't Fence Me In」(僕は気ままに)といった西部劇の懐かしの曲を歌っている。

 架空のアルバム『Patrick Stewart's Cowboy Classics』のフェイクCMとなる同ビデオのなかで、スチュワートはバックバンドや「(イギリスの名門劇団)ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー仕込みの、スチュワート卿がキャラクターになり切り、他では見られない生き生きとした姿を見せている」といったナレーションとともに、数々のカウボーイソングを熱唱している。さらには、もし今注文すれば『Cowboy Pat's Songs for Lonesome Lovers』や、スター達が参加した『Duets Out West』といった作品も付いてくるとの約束もしているのだ。ちなみにその『Duets~』には、キャリー・アンダーウッド、テイラー・スウィフト、ジリアン・ウェルチ、そしてスチュワートの妻で歌手のサニー・オゼルとのニセのコラボレーションが詰まっているなどと紹介している。

 同アルバム用の公式ウェブサイトもしっかり立ち上がっており、残念ながら“ソールド・アウト”となっているため『Patrick Stewart's Cowboy Classics』は購入できないものの、5曲入りのサンプラーを10ドル(約1000円)で手に入れることができる。この収益金がチャリティに寄付される形だ。



◎P Stew's Cowboy Classics
https://www.youtube.com/watch?v=cK9dlmYvB-Y

◎『Patrick Stewart's Cowboy Classics』ウェブサイト
http://www.pstewsings.com

最終更新:7月7日(木)17時55分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。