ここから本文です

黒澤明『七人の侍』&リメイク『荒野の七人』を再リメイク! 映画『マグニフィセント・セブン』日本公開決定

Billboard Japan 7月7日(木)20時15分配信

 世界の名だたる巨匠が師と仰ぐ黒澤明監督の代表作『七人の侍』(54)。その『七人の侍』の舞台を西部開拓時代のメキシコに移してハリウッドリメイクされた、名作ウェスタン『荒野の七人』(60)。これら最高峰の名作たちを原案にリメイクされた、映画『マグニフィセント・セブン』(原題:The Magnificent Seven)が、2017年1月27日に日本公開となる。

 本作の監督は、『トレーニング デイ』(01)『イコライザー』(14)『サウスポー』(15)など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督。 主演には『トレーニング デイ』『イコライザー』のデンゼル・ワシントン、『ジュラシック・ワールド』(15)のクリス・プラット、 『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のイーサン・ホーク、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(15)のイ・ビョンホンなど、国際色豊かな豪華キャストが集結した。

 公開日決定に伴い、特別先行ビジュアルも公開された。賞金稼ぎ、ギャンブラー、スナイパー、ハンター、暗殺者、流れ者、戦士、という個性豊かな7人が、拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に、悪に立ち向かおうとする鋭い眼光が印象的なビジュアルとなっている。



◎映画『マグニフィセント・セブン』(原題:The Magnificent Seven)
2017年1月27日(金)全国ロードショー
監督:アントワーン・フークア
キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホン、ヴィンセント・ドノフリオ
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

最終更新:7月7日(木)20時15分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。