ここから本文です

『3月のライオン』追加キャスト発表!佐々木蔵之介、有村架純など豪華出演者が勢揃い

クランクイン! 7月7日(木)5時0分配信

 羽海野チカ原作の人気コミックの実写映画化『3月のライオン』が、2017年春に前編・後編の2部作で公開されることが決定した。それに合わせ、注目の第2弾キャストが解禁となり、島田開役の佐々木蔵之介、後藤正宗役の伊藤英明、宗谷冬司役の加瀬亮、川本あかり役の倉科カナ、川本ひなた役の清原果耶、川本モモ役の新津ちせ、川本相米二役の前田吟、幸田香子役の有村架純、幸田柾近役の豊川悦司ら、錚々たる豪華キャストたちが出演が発表された。

【関連】主人公・桐山零役「神木隆之介」フォトギャラリー


 『3月のライオン』は、幼い頃に事故で家族を失った17歳のプロ棋士・桐山零を主人公にしたラブストーリー。心に深い孤独を抱え、将棋に対する中途半端さを思い悩みながら日々を過ごしていた零が、川本家の3姉妹(あかり、ひなた、モモ)と出会い、彼女らと接するうちに少しずつ心が溶け始めていく姿を描く。
 
 本作の主人公・桐山を演じる神木隆之介と同様に、実写映画化発表後に原作ファンがネット上でキャスティングを熱望した棋士・島田を演じる佐々木は、「ご期待に応えられるのか、島田八段のごとく胃がキリキリ痛んでおります」と原作キャラを意識してコメント。同じく原作ファンの間で川本三姉妹の長女・あかり役の支持が厚かった倉科カナは「もし演じるなら、いつかは『あかりさん』を演じたいなっと思っていた」と告白する。
 
 500人ものオーディションを勝ち抜いて川本家次女・ひなたに選ばれた清原は「自分の中に強い芯を持っているけど、どこか儚い。そんなひなたを私なりに精一杯演じたいと思います」と意気込む。そして、これまで演じてきた役柄とは異なり、零の義姉であり、美しくも気性の激しい女性・香子に挑戦した有村は、「毎回密度の濃い撮影でした。何度も何度もテイクを重ねて作られていくシーンが不思議と心地よくて、まだまだ役を演じていたい思いでした」と、初となる大友組での撮影を振り返った。

 映画『3月のライオン』前編・後編は2017年春、全国ロードショー。

最終更新:7月7日(木)5時0分

クランクイン!