ここから本文です

祝30周年!『エイリアン2』キャメロン監督&主要キャスト、コミコン再集結決定

クランクイン! 7/7(木) 12:50配信

 今月18日に公開30周年を迎える映画『エイリアン2』のスタッフとキャストが、23日(現地時間)にサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルに集結することが分かった。海外サイトEntertainment Weeklys EW.comが報じている。

【関連】『エイリアン2』フォトギャラリー


 同サイトによれば、主演を務めたリプリー役のシガーニー・ウィーバー、監督・脚本を務めたジェームズ・キャメロン、プロデューサーのゲイル・アン・ハード、さらにハドソン役のビル・パクストン、ビショップ役のランス・ヘンリクセン、バーク役のポール・ライザー、ヒックス役のマイケル・ビーン、ニュート役のキャリー・ヘンが登場し、Q&Aを実施する予定。

 ウィーバーは今回の発表に際して、ファンの前での再結集を楽しみにしているとコメント。オースティンに位置する劇場アラモ・ドラフトハウスで最近行われた同作の上映時に、劇中でリプリーがエイリアン・クイーンに放つセリフ「Get away from her you bitch(その子から離れなさい、このビッチ)」を観客が一斉に絶叫した時のことを、「人生で最高の瞬間の一つ」と回想していただけに、今回の再結集には並々ならぬ思いを抱いているようだ。

 製作を担当した20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメントからは、本作の公開30周年を祝うブルーレイ・デジタルHDエディションが全米で9月13日に発売される。このエディションには、キャメロン監督が劇中のデザインやインスピレーションとなったものについて語るインタビューが収録されるとのこと。コミコンでフォックスが出店するブースで予約が受け付けられ、なんと最初の250名には、リプリーがエイリアン・クイーンと死闘を繰り広げる姿を描いたリトグラフがプレゼントされるという。

 ちなみに『エイリアン』前章となる『プロメテウス』の続編『エイリアン:コヴナント』は現在、オーストラリアで撮影中。監督は前作同様、リドリー・スコットで、主演は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のキャサリン・ウォーターストン。マイケル・ファスベンダーとノオミ・ラパスの続投も決定している。2017年10月6日の全米公開を予定。

 一方、リドリー・スコットが製作を担当し、『第9地区』のニール・ブロムカンプ監督がメガホンをとる『エイリアン2』の“もう一つのその後”を描いた『エイリアン』シリーズ最新作の企画もある。先日、シガニーは製作が進んでいると発言していたが、このコミコンで何かしらの最新情報が発表がされる可能性も十分にある。

最終更新:7/7(木) 12:50

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]