ここから本文です

出る? 存在を消す? 予定のない「ピンポーン」どうしてる?

SUUMOジャーナル 7月7日(木)7時30分配信

ネット通販の注文も友達との約束もしていないのに、突然「ピンポーン」とチャイムが鳴ることってありますよね。筆者は予定のない「ピンポーン」があったとき、息を殺して相手が去るのを待つか、忍び足でドアスコープから外を確認する(たぶん相手にはばれてる)のですが、世のみなさんはどうしているのでしょうか?全国の賃貸ひとり暮らしをしている300名にアンケートを実施しました。

■“予定のないピンポーン”の主の正体はやっぱり「集金」と「勧誘」が多い

まず、予定のないピンポーンの正体はなんだったのでしょうか。

Q.今まで経験した予定のない“ピンポ~ン”の用件はなんでしたか。(複数回答)

1位 テレビの受信料の集金(57.3%)
2位 新聞の勧誘(51.0%)
3位 宗教の勧誘(47.0%)
4位 宅配・郵便業者(43.0%)
5位 国勢調査(20.3%)
6位 インターネットの勧誘(18.0%)
7位 同じ物件に引越してきた人からのあいさつ(13.7%)
8位 管理人さんや大家さん(11.0%)
9位 同じ物件に住む人からの苦情(7.7%)
10位 その他(4.7%)

「テレビの受信料の集金」、「新聞の勧誘」、「宗教の勧誘」と、あまりうれしくない用件が上位3位を占める結果に。筆者もどれも経験があります。予定のないピンポンは「集金」か「勧誘」と思ってよさそうです。

4位の「宅配・郵便業者」も結構ありますよね。実家からの支援物資だと、とてもうれしい“予定のないピンポン”になります。

意外と多いのが、8位の「管理人さんや大家さん」、「同じ物件に住む人からの苦情」。どちらも身に覚えがなかった場合は戸惑ってしまいそうです。

■インターフォンのある・なしで“予定のないピンポン”への対応が全然違う

そんな“予定のないピンポーン”にどう対応するかも聞いてみました。

Q.あなたが一人で部屋にいるときに、(予定のない)玄関チャイムまたはインターフォンが鳴った場合どうしていますか?(単一回答)

●部屋にインターフォンがある人(N:215)
1位 インターフォンで用事を確認する(60.9%)
2位 のぞき窓を確認したうえで出る/出ないを決める(12.6%)
3位 出ない(存在を消して居留守を使う)(12.1%)
4位 ドアチェーンをかけたまま玄関を少しあけて用事を確認する(6.0%)
5位 出ない(存在は消さない、堂々と居留守を使う)(5.1%)
6位 その他(3.3%)

●部屋にインターフォンがない人(チャイムしかない) (N:85)
1位 のぞき窓を確認したうえで出る/出ないを決める(44.7%)
2位 出ない(存在を消して居留守を使う)(30.6%)
3位 出ない(存在は消さない、堂々と居留守を使う)(9.4%)
4位 ドアチェーンをかけたまま玄関を少しあけて用事を確認する(8.2%)
5位 その他(7.1%)

部屋にインターフォンがある人は60.9%も「インターフォンで用事を確認する」と回答。対してチャイムしかない人は「のぞき窓を確認したうえで出る/出ないを決める」が44.7%と、相手を確認してから対応する人が一番多いという結果に。
インターフォンは相手と直接顔を合わせなくて済むので、相手が不必要な勧誘などであったとしても断りやすいですもんね。この差は納得です。

また、居留守を使ったことがある人に居留守エピソードを聞いてみると…

「シャワーを浴びようと全裸になった途端にチャイムがなったので居留守を使った」(40代・男性)
「着替えるのが面倒だったから」(30代・女性)
「(ピンポンが) なった瞬間にテレビを消した」(40代・男性)
「休日の朝にピンポンとなり、誰もくる予定がなかったので寝ていたくて寝ていたら 親だった」(30代・男性)

などの、あるある~!(ピンポンの主さんすみません)というものが多かったですが、なかには

「ばれないように、居留守というよりも最初から存在感を消して生活している。宅配便はあらかじめ時間指定している」(20代・女性)

と、少くらい存在感出しても大丈夫だよ…!というコメントや

「基本、来る予定がない訪問は出ないことにしているが、夏の暑い日に窓から新聞の勧誘に捕まり断るのに時間がかかった」(30代・女性)
「いるのは分かっていると手紙をドアに差し込まれた」(30代・男性)
「明らかに心当たりがないのに、宅配便ですーって声がした。 居留守を使ったところ、不在票も無かったので、開けなくて正解だった」(30代・男性)
「夜中の2時に知らない人が3日連続できた。映像が見れるので見ると缶ビールを持った酔っ払いだった」(40代・男性)

なんて怖いエピソードも。自分の身を守るためにも居留守が必要な場合もありますよね。

「予定のないピンポーン」への対応に正解はありませんが、まずはピンポンの主の“正体”を確認したほうがいいことは間違いなさそうです。

●調査概要
[賃貸に関する調査]より
・調査期間:2016年3月25日~2016年3月28日
・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
・対象:賃貸物件でひとり暮らしをしたことがある20代~40代の男女
・有効回答数:300名(男性181名、女性119名)

SUUMOジャーナル編集部

最終更新:7月7日(木)13時10分

SUUMOジャーナル