ここから本文です

GLIM SPANKY、新曲が本田翼、山本美月主演映画の主題歌に決定!

RO69(アールオーロック) 7/7(木) 13:15配信

GLIM SPANKYが2016年7月20日(水)にリリースするアルバム『Next One』の収録曲“闇に目を凝らせば”が、2016年10月8日(土)公開の映画『少女』の主題歌に決定した。

この楽曲は、同映画の監督を務める三島有紀子から熱烈なオファー受けて書き下ろされたものとなっている。

主題歌決定に対し、GLIM SPANKYと三島有紀子が以下のコメントを寄せている。

-----------------------------
【松尾レミ コメント】
私の得意な真夜中の幻想の世界を歌にしました。監督から「映画の終わりに流れる時、映画が続いている様な緊張感を持たせて欲しい、GLIM SPANKYも登場人物の一人だから。」というメッセージを頂き、作り込みました。アヴァンギャルドな弦を入れたり、ドラムのサウンドをサイケデリックに広がりを持たせたりして、遊んだ1曲です。

【亀本寛貴 コメント】
監督からかなり詳細な要望を頂いて作らせて頂きました。主題歌というより映画本編の一部のような楽曲になったと思います。

【三島有紀子 コメント】
初めて“ヴェルヴェットシアター”を聞いた時、しびれる声と歌詞の文学的世界に心えぐられました。グリムスパンキーのお二人には、「この映画のキャストの一人となって、終わりなき夜の綱渡りを続けながら、うまくまとまらない憂いと力強さを歌ってくれ。ポップはいらない。あくまでグリムのロックとブルースの世界で。」とお願いしました。この歌が流れる青春映画を生むことができて、最高に幸せです。
グリム!ありがとう!
-----------------------------

さらに、同曲の先行配信が、2016年7月8日(金)0:00からiTunes、レコチョクにてスタートする。

なお、この映画は、湊かなえ原作の『少女』を完全映画化したもので、本田翼と山本美月が主演を務める。

『少女』予告編はこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=px1Lrd29I0w

リリース、上映情報は以下のとおり。

●リリース情報
『Next One』
2016年7月20日(水)
【初回盤】
CD+DVD(TYCT-69104/¥3700+税)
【通常盤】
CD(TYCT-60086/¥2700+税)

CD収録曲:
1.NEXT ONE(ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
2.怒りをくれよ(2016年7月23日(土)公開 映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌)
3.闇に目を凝らせば(2016年10月8日(土)公開 映画『少女』主題歌)
4.grand port
5.時代のヒーロー(福田雄一監督Amazonオリジナルドラマ『宇宙の仕事』主題歌)
6.話をしよう(高橋留美子原作 NHK Eテレアニメ『境界のRINNE』第2シリーズエンディングテーマ)
7.NIGHT LAN DOT
8.いざメキシコへ
9.風に唄えば
10.ワイルド・サイドを行け

DVD収録内容:
・“ワイルド・サイドを行け”ツアー(2016.4.16恵比寿LIQUID ROOM)ライブ映像約50分収録予定
・ワイルド・サイドを行け
・褒めろよ
・リアル鬼ごっこ
・ダミーロックーとブルース
・夜明けのフォーク
・BOYS&GIRLS
・時代のヒーロー
・NEXT ONE
・太陽を目指せ
・大人になったら
・話をしよう

CD購入先着特典:ONE PIECE スペシャル黄金スリーブケース
※一部対象外の店舗、WEBストアもございます。

●上映情報
『少女』
2016年10月8日(土)
原作:湊かなえ
監督:三島有紀子
主演:本田 翼、山本美月 
©2016「少女」製作委員会
『少女』公式サイト:http://www.shoujo.jp/

RO69(アールオーロック)

最終更新:7/7(木) 13:15

RO69(アールオーロック)