ここから本文です

金沢駅に北陸最大店舗、セブン-イレブン 11日に開業

北國新聞社 7月7日(木)2時56分配信

 金沢駅構内に11日、セブン-イレブンの店舗がオープンする。セブンの店舗としては、北陸最大の売り場面積となる260平方メートルとなる。JR西日本とセブン-イレブン・ジャパンとの業務提携に基づく開設で、金沢開店に伴い、JR西日本金沢支社管内の構内コンビニや売店は、2014年10月の小松駅を皮切りに約2年で22店がセブンに切り替わる。

 新店「セブン-イレブン ハートインJR金沢駅店」は金沢港口近くにあった旧ハート・インの跡地に出店する。JR西日本グループのジェイアールサービスネット金沢(金沢市)がフランチャイズ形式で運営する。定番品のほか、土産も扱う。営業時間は午前5時から翌午前1時とする。

 開店を記念し、鼓門と北陸新幹線の車両を描いた記念ナナコカードを限定発売する。11~13日の3日間、1日各1千枚で、1人5枚まで。11日は午前6時から受け付ける。店内では開店記念価格での商品販売も行う。

北國新聞社

最終更新:7月7日(木)2時56分

北國新聞社