ここから本文です

輪島塗で能登牡蠣チャウダー 能登空港14年目

北國新聞社 7月7日(木)3時1分配信

 能登空港ターミナルビル内のレストラン「あんのん」は、開港14年目に入る7日から、能登産カキ入りの「能登牡蠣(かき)チャウダー」を、輪島塗のお膳とわんで提供する=写真。

 チャウダーには、能登産のカキや塩、穴水町の能登ワインが使われる。世界農業遺産「能登の里山里海」の認定から5周年を迎えたことをきっかけに、「あんのん」の酒元美江代表が開港記念日に合わせメニューに採用した。酒元代表は「能登の玄関口で、地元の特産品を使った味を楽しんでほしい」と話した。価格は1人前1千円(税込み)となる。

北國新聞社

最終更新:7月7日(木)3時1分

北國新聞社