ここから本文です

チェルシー移籍が噂されるモラタ、スペイン人選手の移籍金最高額を更新か

SOCCER KING 7月7日(木)12時14分配信

 レアル・マドリードに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタが、今夏に同国人選手の移籍金最高記録を更新するかもしれない。スペイン紙『マルカ』が報じている。

 ユヴェントスから古巣レアル・マドリードに復帰したモラタだが、レアル・マドリードは同選手の売却を考えていると見られ、チェルシーが獲得を目指している。移籍金は7500万ユーロ(約84億円)に設定されている模様で、この金額が払われれば、スペイン人選手の移籍金最高記録になるという。

 現在の同記録は、アトレティコ・マドリードに所属する元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが2011年にリヴァプールからチェルシーに移籍した際の5800万ユーロ(現在のレートで約65億円)。レアル・マドリードとチェルシーの交渉によって、7500万ユーロよりも値が下がる可能性もあるが、いずれにしても移籍が実現すれば記録を更新することになるだろう。

 これまでのスペイン人選手移籍金高額ランキングは以下のとおり。

1位:フェルナンド・トーレス(2011年)
リヴァプール→チェルシー/5800万ユーロ(約65億円)

2位:ガイスカ・メンディエタ(2001年)
バレンシア→ラツィオ/4800万ユーロ(約53億7000万円)

3位:フアン・マタ(2014年)
チェルシー→マンチェスター・U/4500万ユーロ(約50億4000万円)

4位:ハビ・マルティネス(2012年)
アスレティック・ビルバオ→バイエルン/4000万ユーロ(約44億8000万円)

4位:ダビド・ビジャ(2010年)
バレンシア→バルセロナ/4000万ユーロ(約44億8000万円)

6位:アシエル・イジャラメンディ(2013年)
レアル・ソシエダ→レアル・マドリード/3900万ユーロ(約43億7000万円)

7位:ジエゴ・コスタ(2014年)
アトレティコ・マドリード→チェルシー/3800万ユーロ(約42億5000万円)

8位:アンデル・エレーラ(2014年)
アスレティック・ビルバオ→マンチェスター・U/3600万ユーロ(約40億3000万円)

8位:フェルナンド・トーレス(2007年)
アトレティコ・マドリード→リヴァプール/3600万ユーロ(約40億3000万円)

10位:セスク・ファブレガス(2011年)
アーセナル→バルセロナ/3400万ユーロ(約38億円)

※日本円は現在のレートで換算

SOCCER KING

最終更新:7月7日(木)13時9分

SOCCER KING