ここから本文です

ムサ獲得報道のレスター、セリエAで12発のクロアチア代表FWにも関心

SOCCER KING 7月7日(木)16時32分配信

 日本代表FW岡崎慎司のレスターが、フィオレンティーナに所属するクロアチア代表FW二コラ・カリニッチに関心を示している。イギリスメディア『スカイスポーツ』が6日に報じた。

 報道によると、カリニッチ自身がレスターから関心を持たれていることを認めたうえで「全てはオープンな状態だ。でも急ぐことはないよ。移籍のマーケット(期間)は始まったばかりだからね」とコメント。決断を急ぐつもりはないことを明かしている。

 カリニッチは1988年生まれの28歳。昨年夏にウクライナのドニプロからフィオレンティーナに移籍した。加入1年目の2015-16シーズンはセリエAで36試合出場12ゴールを記録。クロアチア代表の一員としてユーロ2016にも参加し、ラウンド16までの全4試合中2試合に出場、6月21日のグループステージ第3節ではスペイン代表を相手に同点ゴールを挙げている。

 今夏の移籍市場でFWの補強に動いているレスター。4日付のイギリス紙『テレグラフ』によれば、CSKAモスクワに所属するナイジェリア代表FWアーメド・ムサの獲得が迫っているという。同選手に対してレスターはクラブ史上最高額となる移籍金1600万ポンド(約21億7000万円)を用意している模様だ。

 FWの新戦力加入が決まれば、岡崎やイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディらとのポジション争いが激化することとなる。今後の補強動向に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:7月7日(木)16時53分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。