ここから本文です

ミラン、クロアチア代表FWピャツァを獲得か…ガッリアーニ副会長が直接交渉

SOCCER KING 7月7日(木)12時25分配信

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランが、ディナモ・ザグレブのクロアチア代表FWマルコ・ピャツァの獲得に迫っていることが判明した。6日、イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 ピャツァにはユヴェントスが強い関心を示し、獲得に向けて優位な立場にあったが、ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が直々にザグレブ入りし、獲得交渉をまとめ上げた模様。ピャツァの代理人を務めるマルコ・ナレティリッチ氏と会食を行い、ユヴェントスが提示していた、1500万ユーロ(約16億8000万円)を上回る、2000万ユーロ(約22億4000万円)の移籍金をオファーしたと報じられている。最終的な移籍の決断は、ピャツァ自身に委ねられるものと見られるが、現時点ではミランへの移籍が有力とされているようだ。

 ピャツァは1995年5月6日生まれの21歳。2014年にロコモティヴァからディナモ・ザグレブに移籍し、クロアチア代表として10試合のキャップ数を誇る。現在フランスで行われているユーロ2016のクロアチア代表メンバーにも選出され、途中出場を中心に3試合に出場。0-1で敗れた決勝トーナメント1回戦のポルトガル代表戦では、延長からの出場ながらチャンスを作り、非凡な才能を存分に示した。

SOCCER KING

最終更新:7月7日(木)13時36分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。