ここから本文です

ユーヴェ、クアドラード獲得へ買取義務付きレンタル希望もチェルシーは難色

SOCCER KING 7月7日(木)16時30分配信

 ユヴェントスがチェルシーに所属するコロンビア代表MFフアン・クアドラードの再レンタルを申し出ていることが判明した。6日、大手メディア『スカイスポーツ』が報じた。

 クアドラードは2015年1月の移籍市場でフィオレンティーナからチェルシーへ加入。しかし、当時の指揮官ジョゼ・モウリーニョ監督の下では定位置を確保できず、先発出場わずか4試合、計12試合の出場に留まっていた。出場機会を求めて2015-16シーズンからユヴェントスへレンタル移籍すると、貴重なサイドの戦力として活躍。クラブのセリエA5連覇とコッパ・イタリア連覇に貢献していた。ユヴェントスへのレンタルは6月30日をもって満了しているが、両クラブから正式な発表はなく、2016-17シーズンの去就に注目が集まっている。

『スカイスポーツ』によると、クアドラード本人はユヴェントスへの残留を望んでおり、クラブも買取を熱望。ユヴェントスは1900万ポンド(約24億9000万円)の買取義務付きで、1年のレンタル延長を申し出たという。なお、レンタル料は170万ポンド(約2億2000万円)と伝えられている。

 しかし、チェルシーの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督は、ユヴェントス時代からクアドラードを高く評価しており、同選手の残留を希望。クラブは時間をかけて交渉する意向だという。

 現在28歳のクアドラードは2008年に母国のインデペンディエンテ・メデジンでプロデビューを飾ると、2009年7月にウディネーゼへ移籍。レッチェへのレンタル移籍を挟み、2012年7月にフィオレンティーナへ加入していた。昨シーズンはユヴェントスで公式戦40試合に出場。セリエAで28試合4ゴール、チャンピオンズリーグで8試合1ゴール、コッパ・イタリアで4試合に出場していた。

SOCCER KING

最終更新:7月7日(木)16時53分

SOCCER KING