ここから本文です

C・ロナ、ユーロ得点数で最多タイ記録に…プラティニ氏と並ぶ通算9ゴール

SOCCER KING 7月7日(木)19時41分配信

 ユーロ2016準決勝が6日に行われ、ポルトガル代表はウェールズ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。同試合で1得点を挙げた同国代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)がユーロ本大会での通算得点数で最多タイ記録に並んだ。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 グループステージ(GS)第3節のハンガリー代表戦で2ゴールを記録したC・ロナウド。準決勝のウェールズ戦でも値千金の得点をマークしたが、このゴールでユーロ本大会での通算得点数を「9」に伸ばし、元フランス代表MFミシェル・プラティニ氏の持つ記録に並んだ。

 1984年のフランス大会のみで9ゴールを叩き出したプラティニ氏に対して、C・ロナウドは2004年、2008年、2012年、2016年の4大会で9得点を積み上げた。4つのユーロ本大会でゴールを挙げた選手はC・ロナウドのみとなっている。

 ユーロ初出場となった2004年6月12日のGS第1節ギリシャ戦で得点を挙げて以来、20試合で9ゴールを記録してきたC・ロナウド。決勝に進んだ2004年大会ではノーゴールに終わったが、今回は得点を決め、記録を更新することができるのか。決勝での活躍に注目が集まる。

 ポルトガル代表は10日に行われる決勝で、ドイツ代表とフランス代表の勝者と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:7月7日(木)19時41分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]