ここから本文です

C・ロナウドがEURO通算9ゴールで将軍プラティニに並ぶ

ゲキサカ 7月7日(木)6時27分配信

[7.6 EURO準決勝 ポルトガル2-0ウェールズ リヨン]

 ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウド(31)がEURO本大会通算9ゴール目で、現在欧州サッカー連盟会長の元フランス代表MFミシェル・プラティニの持つ記録に並んだ。

 C・ロナウドは6日のウェールズ代表戦で先発出場すると、後半5分にMFラファエル・ゲレイロのクロスをヘッドで合わせ、先制点。さらに直後の追加点もアシストし、ポルトガルを自国開催となった2004年大会以来、3大会ぶり2度目の決勝進出に導いた。

 2003年8月に18歳でA代表デビューしたC・ロナウドは、この日を含めて132試合に出場し、61得点を記録。EURO本大会では2004年大会から4大会連続で出場し、通算で9得点とし、“将軍”に並んだ。また、今大会3得点で得点ランキング2位タイとし、決勝戦での得点も期待される。

 なお、決勝戦は10日に行われ、ポルトガルはフランス対ドイツの勝者と対戦する。

 以下、EURO本大会通算得点ランキング

▽1位:9得点
ミシェル・プラティニ(フランス)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
▽3位:7得点
アラン・シアラー(イングランド)
▽4位:6得点
ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)
ティエリ・アンリ(フランス)
パトリック・クライファート(オランダ)
ヌーノ・ゴメス(ポルトガル)
ルート・ファン・ニステルローイ(オランダ)

最終更新:7月7日(木)6時27分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]