ここから本文です

4強で散った初出場・ウェールズ指揮官「この大会のすべての瞬間が愛おしい」

ゲキサカ 7月7日(木)13時2分配信

[7.6 EURO準決勝 ポルトガル2-0ウェールズ リヨン]

 EURO2016は6日に準決勝を行い、ウェールズ代表はポルトガル代表に0-2で敗れた。初出場でグループリーグ首位通過し、4強入りまで遂げたウェールズ代表だったが、快進撃はここでストップした。

 試合後、ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は「最初の失点が致命的だった。前半は緊迫した展開だったが、自分たちのリズムやペースをまったくつかめなかった。突破口を開くこともできなかったが、ポルトガルを称えるしかない。あの5分間は集中力が切れていた」と振り返る。『UEFA公式サイト』が伝えた。

「ポルトガルのようなチームを相手にそうなれば、その報いを受けることになる。ポルトガルにはおめでとうと言いたい。決勝でも勝つことを願っているよ」

 この日のウェールズは1点が遠く。後半5分にFWクリスティアーノ・ロナウドに頭で先制点を許すと、同8分にはFWナニに2点目を奪われた。そのまま零封負け。初出場での決勝進出は叶わなかった。

 それでも指揮官は自チームのみせた快進撃に「私はこのチームを心から誇りに思っている。これまでに成し遂げたこと、披露してきたことは信じられないくらい見事なものだ。試合に敗れても、ベストを尽くしたのなら仕方ない」と胸を張った。

「これで大会は終わったが、このチームの終わりではない。彼らには未来がある。本当に素晴らしい経験だった。国民もこの選手たちを誇りに思っているし、彼らも時間が経てば自分たちを誇らしく思うだろう。この大会のすべての瞬間が愛おしい」

最終更新:7月7日(木)13時2分

ゲキサカ