ここから本文です

インテルがアルゼンチン代表MFバネガを獲得「本当にワクワクしている」

ゲキサカ 7月7日(木)17時55分配信

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは6日、アルゼンチン代表MFエベル・バネガ(28)をセビージャから獲得したことを発表した。契約は3年となっている。

 ボカ・ジュニアーズでプロデビューしたバネガは、2008年1月にバレンシアに移籍。アトレティコ・マドリーとニューウェルズへのレンタルを経て、14年8月にセビージャに加入した。所属した2シーズンで公式戦92試合に出場し、12得点をマーク。ヨーロッパリーグ(EL)連覇にも大きく貢献した。

 クラブを通じてバネガは、「このようなビッグクラブに加入するチャンスは、逃してはいけないと思っていた。たくさんのアルゼンチンのレジェンドが、これまでインテルのユニフォームに袖を通してきて、今年は僕に懸かっている。マウロ(・イカルディ)やロドリゴ(・パラシオ)のような人たちのそばでやれるのは楽だよ。彼らはスーパーな選手だからね。待ち切れない。(ハビエル・)サネッティとも話した。本当にワクワクしているよ。インテルのホームでプレーし、チームのために全力を尽くし、トロフィーを勝ち取る日が待ち遠しい」と興奮した様子だった。

最終更新:7月7日(木)17時55分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。