ここから本文です

クラフト都市・金沢が総力を挙げて!〈金沢21世紀工芸祭〉いよいよ始動/石川

Webマガジン コロカル 7/7(木) 13:35配信

コロカルニュースvol.1760

藩政期以来のものづくりが息づき、ユネスコのクラフト創造都市に認定された石川県金沢市。

【写真ギャラリーで見る】クラフト都市・金沢が総力を挙げて!〈金沢21世紀工芸祭〉いよいよ始動/石川

金沢の工芸を世界に向けて発信するべく、このたび、工芸の魅力を発見・発信する大型フェスティバル〈金沢21世紀工芸祭〉が開催されることになりました。期間は、2016年10月13日(木)から2017年2月25日(土)までの5ヶ月間。

〈金沢21世紀工芸祭〉は、これまで市内で個別開催されていた工芸イベントを集結させるもの。これにより、金沢を工芸世界におけるポート(港)、すなわち発着地にすることを目指しています。

総合監修は、〈東京藝術大学大学美術館〉の館長・教授で〈金沢21世紀美術館〉館長の秋元雄史氏と、〈NPO法人趣都金澤〉理事長で〈浦建築研究所〉代表の浦淳氏。期間中は、ワークショップや茶会、展示イベントなどが金沢市内各所で実施されます。

催しのひとつ〈工芸回廊〉は、町家が残る東山など市内3エリアの各所を回遊しながら工芸作品を展示するイベント。作家やギャラリストとの交流もできるのが特徴。

ほか、予定されているのは〈趣膳食彩〉。金沢が誇る食文化と工芸の共演ということで、金沢の街を深く知るディレクター陣が、工芸作家や料理、空間を独自の感性でコーディネート。この日のためだけに用意された世界観を五感で味わうという、食と工芸が融合したイベントです。

また、茶の湯文化が根付く金沢ならではの〈金沢みらい茶会〉や伝統工芸が体験できるワークショップ〈金沢みらい工芸部〉も予定。

藩政期以来、芸術文化が発展してきた金沢だけに、工芸に親しみがない方でも楽しむことができる、多様な催しが行われる予定です。

information
金沢21世紀工芸祭
会期:2016年10月13日(木)~2017年2月25日(土)
会場:金沢市中心部


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:7/7(木) 13:35

Webマガジン コロカル