ここから本文です

ベンチャー企業こそが秋田を救う!事業創出プログラムの募集開始/秋田

Webマガジン コロカル 7月7日(木)13時44分配信

コロカルニュース

秋田発の事業創出プログラム、通称〈ドチャベン・アクセラレーター〉。昨年発足し、五城目市と横手市にて、林業・フルーツ・教育など多分野の秋田発ベンチャーを誕生させた本プログラム。今年は鹿角市・湯沢市に舞台を移し、7月からスタートします。

【写真ギャラリーで見る】ベンチャー企業こそが秋田を救う!事業創出プログラム〈ドチャベン・アクセラレーター〉募集開始/秋田

ドチャベンは、世界トップクラスで人口減少が進む秋田県で起業する挑戦者を、全力応援するプログラム。7月~9月の〈セミナー・現地プログラム〉、10月、11月の〈ビジネスプランコンテスト〉、そして12月~2017年2月までの、選抜チームが参加する〈起業家育成プログラム〉という3部構成です。

この第1弾として、東京での〈ローカルビジネススクール〉が2016年7月8日(金)に東京・丸の内の〈TIP*S〉にて開催されます。プログラムの説明や鹿角市・湯沢市からのプレゼンテーション、昨年ビジネスプランコンテストで金賞を受賞した参加者のスピーチも。〈ドチャベン〉が気になる方は是非行ってみてはいかがでしょうか。

昨年のビジネスプランコンテストで受賞したチームたちは、様々なメンターの支援を受けながら、秋田県への移住・起業を始めているのだとか。


■金賞受賞者がビジネスをスタート

昨年度の〈ドチャベン・アクセラレーター〉にて金賞を受賞したのは、矢野智美さんの立ち上げた新サービス〈Fruitreat(フルートリート)〉。

これまで都心部に出回っていなかった、秋田産の極上の旬の果物と、世界が認めた秋田県横手市〈浅舞酒造〉がセレクトする、果物に合った日本酒をセットにして定期通販するサービスです。

矢野さんは、秋田県に住むおばあちゃんが小さいころからいつも送ってくれた秋田県産のくだものの美味しさが忘れられず、東京の大手コンサル会社を辞めて秋田県へ移住したのだそう。7月8日(金)のイベントでもスピーチを行います。

昨年の発足から、複数の田舎発ベンチャービジネスと人的ネットワーク、派生事業やスピンオフ企画を生み出してきたドチャベン。プログラムについては公式サイトにて。

information
ドチャベン・アクセラレーター2016
公式サイト:〈田舎発、事業創出プログラム【ドチャベン・アクセラレーター2016】〉


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
ローカルって、楽しい。ちょっと変な事件や不思議なブーム、うわさの面白い人、イベント告知、コロカル記事の取材エピソードなどなど。愛情を込めて、コロカル視点のおもしろニュースをご紹介!

最終更新:7月7日(木)13時44分

Webマガジン コロカル