ここから本文です

宇多田、8年ぶりオリジナルアルバム 活動再開以降初CD 育児で声が伸びやかに

デイリースポーツ 7月8日(金)0時0分配信

 歌手活動を再開したシンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(33)が8年ぶりとなるオリジナルアルバム(タイトル未定)を9月28日に発売することが7日、分かった。08年の「HEART STATION」以来となり、14年5月にイタリア人バーテンダーと再婚、15年7月に第1子出産を発表してから初めてのCDとなる。

 宇多田が活動再開以降、初めてのCDを発売する。

 9月28日にリリースするアルバムで現在、明らかにされているのは現在放送中のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」、日本テレビ系「NEWS ZERO」のテーマ曲「真夏の通り雨」、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のテーマ曲「桜流し」の3曲が収録されることのみ。タイトルや製作期間など詳細は不明だ。

 宇多田は、公式HP上のコーナー「ヒカルパイセンに聞け」で公開した沖田英宣ディレクターとの質疑では、「声の印象が変わった」という指摘には「妊娠をきっかけに、前より健康的な生活習慣も身についたし、赤ん坊に毎日、日本の童謡を歌っているうちに日本語を丁寧に伸びやかに発声する癖がついたのかもしれねーな」と返答。新婚生活や妊娠、出産、育児とママとしての充実した日々が、新作に詰め込まれているようだ。

最終更新:7月8日(金)1時4分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。