ここから本文です

【シュートボクシング】RIZIN村田がKO勝ち、デビューから3連勝

イーファイト 7月8日(金)0時7分配信

「Girls S-cup 2016 ~七夕ジョシカク祭り~」(7月7日 東京・豊洲PIT)

【フォト】得意のタックルを決めた村田

▼第5試合 RIZIN女子MMAマッチ RIZIN女子MMAルール 57.0kg契約 5分3R
○村田夏南子(フリー/女子レスリング55kg級全日本2012王者)
KO 1R 1分17秒 ※パウンド
●イローナ・ワイマン(オランダ/Manhoef Fight&Fitness/WFLライト級トーナメント王者)

 女子レスリング全日本選手権2012王者・村田が、MMA(総合格闘技)3戦目でワイマンと対戦。ワイマンは“猛獣”メルヴィン・マヌーフの愛弟子で、RENAのライバルとして君臨した“レディピットブル”ロレーナ・クラインにも勝利を収めているオランダ女子キックボクシングの4冠王。

 1R、様子を見合う両者だが、村田がローキックを放つような仕草を見せると、ワイマンが右フックを放とうと踏み込む。村田はすかさずワイマンの胴に組み付き、そのままロープ際に押し込んでテイクダウンに成功。

 村田は上から左ヒザをワイマンの腹に押し付けながらパウンドを連打し、マウントポジションを奪う。ワイマンがパワーで返そうとすると村田は素早くサイドポジションに移行。ワイマンの左腕を足で押さえつけて自由を奪い、再び鉄槌を連打したことろでレフェリーが試合を止めた。

 戦前の予告通り相手に全く打撃を出させなかった村田。試合後にマイクを握ると「私の夢はMMAで世界一になって、RIZINを世界に広げることです。しっかり自分の力でその夢をつかみ取りたいと思います」と宣言した。

最終更新:7月8日(金)0時7分

イーファイト