ここから本文です

史上初!歌舞伎座で洋画プレミア 『ジャングル・ブック』ジョン・ファヴローが来日

シネマトゥデイ 7月8日(金)4時0分配信

 7日、ディズニーの実写作品『ジャングル・ブック』のプレミアイベントが、今月27日に銀座・歌舞伎座で行われることが発表された。洋画プレミアイベントが歌舞伎座で行われるのは、120年を超える歌舞伎座の歴史上初めてのこと。またプレミアに合わせて『アイアンマン』などで知られ、本作でメガホンを取ったジョン・ファヴロー監督が来日することが明かされた。

映画『ジャングル・ブック』日本語吹き替え版予告

 この新しい取り組みには歌舞伎座を運営する松竹側、ディズニー側の両社とも喜んでいるという。互いに、「グローバル化がますます進み、マーケットが拡大している今、今回ディズニー様と歌舞伎座の歴史の中で初めて、洋画作品のお披露目として『ジャングル・ブック』ジャパンプレミアを開催できることは、常に新しいことに挑戦し、日本文化の伝統を継承・世界へ発展することをミッションとしている弊社にとりましても、大変名誉に感じております」(松竹代表取締役社長・迫本淳一氏)、「『ジャングル・ブック』が120年を超える歌舞伎座の歴史の中で、洋画作品として初のプレミアイベントを実施させて頂ける事を大変名誉に感じています」(ウォルト・ディズニー・ジャパン代表取締役社長・ポール・キャンドランド氏)と語っている。

 また映画に声優として参加している松本幸四郎は、「ディズニーと歌舞伎という世にも希なコラボレーションが、幾久しく、文化芸術の世界に寄与することができますよう、心から祈ってやみません」とコメント。「原作者キップリングが描こうとした愛の物語を、日本の歌舞伎座という伝統芸能の殿堂で上演できることをたいへん光栄に思います」とうれしさをにじませた。

 プレミアイベントにはファヴロー監督のほか、主演のニール・セディ、プロデューサーのブリガム・テイラー、日本語吹き替えを担当している松本、西田敏行、宮沢りえ、伊勢谷友介が参加する予定。(編集部・井本早紀)

映画『ジャングル・ブック』は8月11日に全国公開
プレミアイベントは7月27日に銀座、歌舞伎座で開催

最終更新:7月8日(金)4時0分

シネマトゥデイ