ここから本文です

【シュートボクシング】那須川天心の妹分、15歳天才少女が2連勝

イーファイト 7月8日(金)0時21分配信

「Girls S-cup 2016 ~七夕ジョシカク祭り~」(7月7日 東京・豊洲PIT)

【フォト】多彩な蹴り技で攻めるスーパー女子高生・寺山

▼第1試合 スターティングクラスルール ミニマム級(49.0㎏) 2分3R
○寺山日葵(TEAM TEPPEN/J-GIRLSアマチュア賞金トーナメント優勝)
判定3-0 ※三者とも30-28
●梅尾メイ(チームバルボーザジャパン)

 寺山はISKA世界&RISEバンタム級王者・那須川天心(TARGET)の父親・那須川弘幸氏が代表をつとめるTEAM TEPPENで練習を行い、数々のアマチュア大会で好成績を収めてきた15歳の女子高生ファイター。那須川天心の妹分となり、これがプロ2戦目。対する梅尾はDEEPで一時代を築いたTAISHOが育て上げたキックボクサー。

 ハイ、ミドル、前蹴り、ヒザと蹴り技を使い分け、攻勢をかける寺山。梅尾が投げを仕掛けようと組むと、パンチをまとめてたたみかける。1、2Rは多彩な蹴りでテクニックの差を見せた寺山。3Rは梅尾が組んできて投げとヒザを狙い、寺山が組み際にパンチを当てる展開に。判定3-0で寺山がSB初参戦で勝利、プロ2勝目を飾った。

最終更新:7月8日(金)0時21分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]