ここから本文です

<松田聖子>連ドラ主題歌でYOSHIKIとコラボ

まんたんウェブ 7月8日(金)6時0分配信

 歌手の松田聖子さんが、12日から放送される武井咲さん主演の連続ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)の主題歌を、人気ロックバンド「X JAPAN」のリーダーのYOSHIKIさんと務めることが8日、明らかになった。2人がコラボレーションするのは初めてで、松田さんが歌を、YOSHIKIさんが作詞と作曲を担当する。松田さんが同局の連続ドラマの主題歌を担当するのは、1996年放送の「Dear ウーマン」の「さよならの瞬間」以来、約20年ぶりとなる。

【写真特集】松田聖子、CMで初の下着姿に “美谷間”披露

 主題歌のタイトルは「薔薇(ばら)のように咲いて 桜のように散って」で、YOSHIKIさんは「聖子さんとも話し合いましたが、今後、何年たっても歌われるような“日本の歌”をイメージして作曲させていただきました」といい「久しぶりに日本語で詞も書きましたが、自信作です」とコメント。松田さんは「(主題歌は)繊細で美しいメロディーと歌詞が本当に素晴らしくとても感動いたしました」と話している。

 「せいせいするほど、愛してる」は、月刊少女マンガ誌「プチコミック」(小学館)で連載された北川みゆきさんの同名マンガが原作。主人公・栗原未亜(武井さん)は、ティファニージャパンの副社長の三好海里(滝沢秀明さん)と恋に落ちる。しかし三好は既に妻を持つ立場だった……というあらすじで、2人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様を描く。

 中村蒼さん、水沢エレナさん、トリンドル玲奈さん、高橋光臣さん、中村隼人さん、横澤夏子さん、松平健さん、橋本マナミさん、GENKINGさんらも出演する。プロデューサーは、人気ドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの伊與田英徳さんが務める。

 ドラマは、12日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

最終更新:7月8日(金)6時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。