ここから本文です

渡辺恒雄主筆、巨人低迷の責任は「フロントだよ。補強してねえもん」由伸監督を擁護

デイリースポーツ 7月8日(金)5時0分配信

 「巨人0-6阪神」(7日、東京ドーム)

 読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡辺恒雄氏(90)が7日、東京ドームで行われた巨人-阪神を観戦し、巨人の現状について、約4分にわたり熱弁をふるった。

 試合はわずか1安打の完封負け。感想を問われ「オレは負けてる試合は見ないことにしているんだ、後ろを向いて」とバッサリ。首位の広島との差が10ゲームと開いていることには「そんなこと聞くな。不愉快だ」と顔をしかめ「やっぱりこれはね、由伸(高橋監督)の責任じゃねえからな。フロントだよ。補強してねえもん。今の陣容で勝てっていったって無理だよ」と高橋監督を擁護し、編成上の問題を指摘した。

 チームは連勝が2で止まり4位に転落。上昇気流に乗り切れていないが「すぐに勝てるわけねえよ。だけど、いいとこにいってるんだ。これはまだ、メークミラクルの可能性はある。(96年に)11・5をひっくり返したんだから、可能性はある」と大逆転優勝への期待も。その上で「これでめちゃくちゃ頑張れば、オレは何にも批判しない。来年は必ず優勝するよ」と気勢を上げた。

 試合前には都内で高橋監督から前半戦の報告を受けた。老川オーナーも交えての“会談”の内容については「無駄話をするわけはないじゃないか」と話しただけで詳細は明かさなかったが、就任1年目の指揮官について「一般論として、彼ほど頭のいい人はめったにいない」とたたえ「最高の人材だ」と高い信頼を口にしていた。

最終更新:7月8日(金)5時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]