ここから本文です

縁結び神社の七夕祈願祭 ── 東京大神宮

THE PAGE 7/8(金) 10:32配信

 縁結び神社として知られる東京大神宮(東京都千代田区)で7日、「東京大神宮 七夕祈願祭」が開かれた。夜になり、短冊が鈴なりに飾り付けられた笹竹がライトアップされると、参拝者は相次いでカメラのシャッターを切っていた。

【360度動画】縁結び神社の七夕祈願祭 ── 東京大神宮

 毎年7月7日の七夕の日に行われている。開催に先立って、東京大神宮では6月1日から女性用の「織姫短冊」と男性用の「彦星短冊」を用意し、参拝者への配布を開始。参拝者の願いごとが書かれた短冊は、境内に飾られた笹竹に結びつけられた。関係者によると、今年笹竹に飾られた短冊の数は約1万枚弱で、例年よりも若干多めという。

 拝殿の中では、午後3時から希望した参拝者約100名ごとに、心願成就と除災招福の祈願を順次実施。祈願を受けた参拝者には、東京大神宮特製の七夕守りや記念品が授与された。

 夕方が過ぎ、あたりが暗くなるにしたがって参拝者が増え、境内は混雑。見る限り女性の数が圧倒的に多かったほか、男女のペアもちらほら見られた。東京大神宮と同じ千代田区内の職場から20代の彼女とともにやってきた30代男性は、「互いの関係がよりよくなりますように」との願いを短冊に込めたと笑顔で話した。一方、東京都豊島区在住の30代女性会社員は、短冊を笹竹にくくりつけたあと、「来週日曜日に開かれる空手大会での優勝を祈願しました」と教えてくれた。

 東京大神宮によると、祈願祭が終わったのち、笹竹から外された短冊は大安吉日を選んで行われる「お焚き上げ」という行事で燃やされ、天に願いが届けられるという。

(取材・文:具志堅浩二)

最終更新:7/8(金) 10:52

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。