ここから本文です

ハワイアン航空、羽田-コナ12月から 週3往復、ホノルル週4往復

Aviation Wire 7月8日(金)13時17分配信

 ハワイアン航空(HAL/HA)は冬ダイヤで開設するコナ-羽田線について、現地時間12月20日から運航を開始する。深夜便で週3往復を設定する。残りの週4往復はホノルルから乗り入れる。

 コナ便は現地発を火曜と木曜、土曜に、羽田発を水曜と金曜、日曜に設定した。羽田行きHA851便はコナを午後5時5分に出発し、翌日午後10時5分に到着。折り返しのコナ行きHA852便は羽田を午後11時55分に出発し、午後0時15分に到着する。

 ホノルル便は12月21日から、週4往復を設定。ホノルル発を月曜と水曜、金曜、日曜に、羽田発を月曜と火曜、木曜、土曜に運航する。羽田行きHA855便はホノルルを午後5時30分に出発し、翌日午後10時5分に到着。折り返しのホノルル行きHA856便は羽田を午後11時55分に出発し、午前11時55分に到着する。

 機材はエアバスA330-200型機(計294席:ビジネス18席、プレミアムエコノミー40席、エコノミー236席)を使用する。

 ハワイアン航空を含む米航空4社は4月21日、米国運輸省(DOT)に羽田への昼間帯定期便の開設を申請した。日米双方に割り当てられる昼間時間帯に5便(往復)ずつに対し、米国側は計9路線を申請している。


ハワイアン航空が運航する羽田路線(Aviation Wire作成)
 ハワイアン航空は新規路線として、コナとホノルルから羽田行き路線を昼間便として届け出ていた。DOTは5月13日、深夜便での運航を許可した。

 またハワイアン航空は、現在は深夜帯で運航しているホノルル-羽田線を、昼間帯に移行することも目指している。現時点でDOTは移行を許可していない。移行が認められた場合、ホノルルからは週11往復、コナから週3往復を乗り入れることになる。

 コナはハワイ諸島最大のハワイ島の都市で、ホノルル(オアフ島)の南東約260キロ。コーヒーの生産地としても有名で、コナコーヒーはハワイ土産の定番としても親しまれている。

 日本からコナへの直行便は、1996年から2010年まで日本航空(JAL/JL、9201)が成田から乗り入れていた。ハワイアン航空の就航により、6年ぶりの直行便開設となる。

---運航スケジュール---
コナ-羽田
HA851 コナ(17:05)→羽田(翌日22:05)運航日:火木土
HA852 羽田(23:55)→コナ(12:15)運航日:水金日

ホノルル-羽田
HA855 ホノルル(17:30)→羽田(翌日22:05)運航日:月水金日
HA856 羽田(23:55)→ホノルル(11:55)運航日:月火木土

Yusuke KOHASE

最終更新:7月8日(金)13時17分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]