ここから本文です

「私たちのダンスが解放された」 風営法改正、社交ダンス界も動く 悲願達成し記念パーティー

withnews 7月10日(日)7時0分配信

 ダンス営業規制を緩和する改正風俗営業法が、6月23日に施行されました。法改正の立役者としてアーティストやクラブ関係者らに脚光が集まりましたが、社交ダンスやサルサ、タンゴなどの団体が大きな役割を果たしたことはあまり知られていません。施行当日、ペアダンスの愛好家たちが開いた記念パーティーを取材しました。

スチャダラパー・ピチカートファイブ…「渋谷系」アーティストは今

「私たちのダンスが解放された日」

 23日午後9時過ぎ、東京・六本木のサルサバー。陽気なリズムに乗って、数十人の男女が軽やかにステップを踏んでいました。記念すべき日を祝おうと駆けつけた、サルサ以外の社交ダンス愛好家の姿もあります。
 
 全国2900のダンスサークル、4万人の会員を抱える日本ダンススポーツ連盟(JDSF)の山田淳専務理事は「6月23日は私たちのダンスが解放された日です。音楽があるところでダンスを踊るのは当たり前。そういう日本にしていきたい」とあいさつしました。

警察の懸念「水着の女子高生と抱き合って踊れる」

 風営法は1948年、売春婦がダンサーとして客をとっていた時代に、風紀を正す目的で制定されました。しかし、流行の移り変わりとともに、若者の間ではディスコで踊るようなシングルダンスが主流となり、終戦直後のような性的な営業はすっかりなりを潜めました。

 にもかかわらず、相変わらず「風俗営業」として扱われることに、社交ダンスの愛好家たちは反発。1980年代以降、風営法の見直しを求めて断続的に運動してきました。それでも、ペアダンスによって「男女間の享楽的雰囲気が過度にわたる可能性がある」という警察の見解は揺るがず、規制が撤廃されることはありませんでした。

 近年になってからも、風営法を理由に公的な施設から社交ダンスサークルを締め出すような動きが、高知や大阪で相次ぎます。「規制を法律から外すと、ダンス教室と称して『水着の女子高生と抱き合って踊れる』といった営業をされる可能性がある」というのが、捜査当局の言い分だったのです。

全国的な組織力と人的ネットワーク

 そんな逆風のなか、JDSFなどペアダンス界の人たちは、風営法の見直しを求め政治家や警察への陳情に奔走してきました。政界に確たる足がかりを持たないクラブ業界に対し、社交ダンス団体は全国に支部を持ち、地元選出の国会議員とも日頃から交流があります。こうした組織力と人的ネットワークが、ロビー活動を進めるうえで有利に働きました。

 社交ダンスのクリーンなイメージは、世論にも好意的に受け入れられます。レッツダンス署名推進委員会が集めた15万筆の署名のうち、クラブ系が10万筆、ペアダンス系は5万筆程度を占めました。クラブばかりに注目が集まりがちですが、実際にはペアダンス界との「連系プレー」によって、法改正が実現したのです。

1/2ページ

最終更新:7月10日(日)7時0分

withnews

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。