ここから本文です

【UFC】エディ・アルバレスが初回TKO勝ちで王座奪取

イーファイト 7月8日(金)13時16分配信

「UFC FIGHT NIGHT in Las Vegas」(7月7日 アメリカ・ネバダ州ラスベガス)

【フォト】青木真也をKOしているアルバレス

▼UFCライト級タイトルマッチ 5分5R
○エディ・アルバレス(アメリカ/UFCライト級2位)
TKO 1R 3分49秒 ※パンチ連打
●ハファエル・ドス・アンジョス(ブラジル/UFCライト級王者)
※アルバレスが新王座に就く。アンジョス

 アルバレスは日本の『MARS』(現在は消滅)や『DREAM』にも参戦しており、数々の名勝負を残して日本でも人気の高い選手。『ベラトール』を経てUFCに参戦し、4戦目にしてタイトルマッチへ辿り着いた。1月には元王者アンソニー・ペティスを下して波に乗っている。

 一方の王者ドス・アンジョスも日本の『パンクラス』に参戦しており、UFC出場後18戦目となる昨年3月に同じアンソニー・ペティスを破ってタイトルを奪っており、昨年12月にはドナルド・セラーニに勝利して初防衛を果たしている。

 1R、サウスポースタイルのアンジョスにアルバレスは右ローで仕掛けていく。序盤からスピーディーなパンチとローの打ち合いとなり、3分経過近くでアルバレスがタックルを仕掛けるが、すぐにアンジョスが立つ。

 アンジョスの圧力が強まり、ケージに詰まり気味だったアルバレスだったが、アルバレスの右フックでアンジョスが大きくグラつき、アルバレスは一気に左右フックとアッパーのラッシュ。

 離れたアンジョスにアルバレスは飛びヒザ蹴り。アンジョスが組み付いて倒すが、アルバレスはすぐに立ち上がってパンチのラッシュを続ける。アンジョスをフックとアッパーの連打で長い時間棒立ちにさせ、ついにレフェリーがストップ。アルバレスが衝撃的なTKO勝ちで新王座に就いた。

 マイクを向けられたアルバレスは、「ありがとう。これが、僕が今までやってきたことの集大成です」と、涙ながらに勝利者インタビューに答えた。

最終更新:7月8日(金)19時47分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。