ここから本文です

阪神ドラ5青柳Gぶった斬り!“小林繁魂”で1安打0封、自力V消滅危機救った!

デイリースポーツ 7月8日(金)6時59分配信

 「巨人0-6阪神」(7日、東京ドーム)

 七夕の夜、孝行息子が虎党の願いをかなえた。巨人戦プロ初登板初先発の阪神ドラフト5位・青柳晃洋投手(22)=帝京大=が7回1安打無失点の好投で2勝目。自力優勝消滅の危機を救い、最下位脱出に貢献。かつて巨人キラーとして名をはせた小林繁をほうふつとさせる変則右腕が、猛虎の未来を明るく照らした。

 七夕の夜に、青柳が願いをかなえた。プロ初の巨人戦登板で、7回1安打無失点の快投。プロ最多114球の熱投で得た今季2勝目は、憧れの小林繁氏へと近づく大きな一歩だ。

 「一回だけだとたまたまかもしれないので、これを積み重ねられるようにしたいです。『巨人キラー』と呼ばれるように、やっていきたいと思います」

 巨人と阪神で通算139勝を挙げた右腕が、青柳にとって憧れだった。昨年のドラフト指名あいさつの時は「小林さんのようになりたいです」と真剣な表情で語っていた。この日に見せた打者の胸元を突く強気の投球は、闘志あふれる往年の小林氏と重なる。オレンジが揺れる敵地で、堂々と立ちはだかった。

 「野手のみなさんがたくさん点を取ってくれたので、走者を出してしまった場面でも『まだ点差はある』と思って、気持ちを楽にして投げることができました。野手のみなさんのおかげです」

 課題の四球は4つと反省は残るが、持ち味のツーシームを中心にG打線を抑え込んだ。二回1死から村田に右前打を打たれたが、許したヒットはこれが最後。七回を3人で斬り三塁ベンチへ戻ると、金本監督が近寄ってきた。「スタミナついたな!」。予想以上の好投に、指揮官の顔にも笑みがあふれていた。

 「横に岩貞がいたので『岩貞よりもスタミナついたな』と言うと、岩貞は『異議あり!』みたいな顔をしていましたけど…(笑)」

 シーズン前半を過ごした鳴尾浜では、先輩を質問攻めにした。岩田には自ら「キャッチボールをしてもらえませんか」と誘い、球筋を肌で感じた。プロ21年目の鶴岡にも、自身の投球フォームのことなどでアドバイスを求めた。「インステップすると腰の回転をうまく使えないので。そこだと思いますね」。答えを見つけ、手応えをつかんでいった。

 「阪神-巨人戦はテレビでもずっと見ていました。そこで投げられたということは、大きかったと思います」

 自力V消滅の危機を救い、チームはヤクルトと入れ替わりで5位に浮上した。小林氏と同じように、宿敵・巨人をねじ伏せた。6月1日・楽天戦以来の2勝目に、金本監督は「次も同じくらいやってくれれば楽しみな投手」と期待する。未来への希望が生まれた。

最終更新:7月8日(金)7時15分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]