ここから本文です

NTTドコモのグループ各社が“音”で織りなす動画「ドコモ♪ボレロ」公開

CDジャーナル 7月8日(金)17時18分配信

NTTドコモのグループ各社が“音”で織りなす動画「ドコモ♪ボレロ」公開

NTTドコモのグループ各社が“音”で織りなす動画「ドコモ♪ボレロ」公開

 NTTドコモのグループ企業15社から総勢80名もの社員が参加し、各社のサービスにまつわる“モノ”を使って音を奏で、ラヴェルのボレロを演奏した動画「ドコモ♪ボレロ」がYouTube(youtu.be/qVgZb6OAmKk)で公開されました。

 ジャニーズWEST、KinKi Kids、V6、SMAPなど数多くのアーティストの楽曲を手がけている市川喜康(www.yoshiyasu.jp)と、〈カンヌライオンズ〉での受賞経験を持つ音楽制作会社「invisible designs lab(インビジブル・デザインズ・ラボ)」(invisi.jp/)がサウンドプロデュースを担当した「ドコモ♪ボレロ」。包丁のリズムでスタートするや(ABC Cooking Studio)、人参とアスパラガスで作った野菜笛でメロディを奏で(らでぃっしゅぼーや)、ワンダーコアで運動しながら美声を披露(オークローンマーケティング)など、各社を象徴する“音”でボレロが紡がれていきます。なお、マエストロはNTTドコモの現社長である吉澤和弘氏が務めています。

最終更新:7月8日(金)17時18分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。