ここから本文です

向井理が“堤ワールド”集大成と語る「神の舌を持つ男」今夜から

cinemacafe.net 7月8日(金)12時30分配信

向井理が“絶対舌感”で事件を解決する青年を演じるTBS系金曜ドラマ「神の舌を持つ男」が7月8日(金)今夜より放送開始する。

【写真】「神の舌を持つ男」場面写真

脚本・櫻井武晴、演出・堤幸彦、プロデューサー・植田博樹という最強タッグが手がける本作。物語は全国の秘湯と呼ばれる温泉地を舞台に、ひょんなことから知り合った向井さん演じる朝永蘭丸(ともながらんまる)が、木村文乃演じる2時間サスペンスドラママニアのウザカワ女・甕棺墓光(かめかんぼひかる)、佐藤二朗演じる宮沢寛治(みやざわかんじ)と出会い、一台のボロ車に乗って温泉宿で寝食を共にしながら、謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本全国を旅するコミカルミステリー。

堤氏が構想に20年を費やしたという企画となり、堤氏と向井さんは連続ドラマ初タッグとなるほか、向井さんと木村さんも連続ドラマ初共演となる。また向井さん、木村さん、佐藤さんのほか片平なぎさ、火野正平、宅麻伸らが出演。そのほか2時間サスペンスドラマの女王が続々登場するということで、こちらにも期待。

さらに主題歌には“演歌の女王”坂本冬美の「女は抱かれて鮎になる」を起用。金曜ドラマ枠で演歌が主題歌となるのは“異例”で、坂本さんはドラマにも出演するのでお楽しみに。

また向井さん演じる蘭丸は舌に乗せたものをガスクロマトグラフィーばりに分析する能力“絶対舌感”を持つ青年という設定。劇中の舌を出すシーンについて「抵抗しかないですね」と言いつつも「そういうことはすべて受け入れました。身を削ってやった自信もあります」と制作発表会見で語っていた向井さん。その演技にも注目。

第1話では蘭丸ら3人が栃木県奥日光にある秘湯「湯西川温泉」にたどり着き、宿に到着するとミヤビが男と立ち去っていくところに遭遇。慌てて後を追おうとするが、ガス欠のボロ車はうんともすんとも言わず立ち往生。落胆する蘭丸をよそに、寛治は宿の女将・美鈴(片平なぎさ)に、「三助として“垢すり”“湯かけ”“肩もみ”をするから1泊させてくれないか?」と無茶な申し入れ。蘭丸は“伝説の三助”といわれる「大津のヘースケ」・朝永平助(火野正平)の孫で弟子だったのだ。そこへ、近くの川で死体が発見されたと温泉組合長の石原(大河内浩)が駆け込んできて…というストーリーが展開する。

向井さんが「これまで堤さんとは、朗読劇、映画、舞台とご一緒させて頂いたのですが、今回初めて連続ドラマをやるので、今までの集大成ともいえます。今回の作品は僕が一番好きな“堤幸彦ワールド”が満載です」と語るほど堤ワールド満載の本作。ぜひその神髄を味わって。

「神の舌を持つ男」は7月8日(金)22時~TBS系でスタート(初回は15分拡大)。

最終更新:7月8日(金)12時30分

cinemacafe.net