ここから本文です

アマチュア日本一は亀代順哉の手に PO負けの比嘉は3度目の2位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月8日(金)16時24分配信

北海道苫小牧市の北海道ブルックスCCで行われた「日本アマチュアゴルフ選手権」最終日、亀代順哉(21、大阪学院大4年)と比嘉一貴(21、東北福祉大3年)が通算6アンダーで首位に並んでホールアウト。プレーオフ2ホール目でバーディを奪った亀代が、アマチュア日本一の栄冠を初めて手にした。

【画像】復帰戦で通算12オーバー。石川遼の予選突破は絶望的だ

1打差4位から出た亀代は吹き抜ける風に悩まされ、8ホールで2つスコアを落とす苦しい序盤となった。中盤以降は持ち前の飛距離を生かし、9番パー5から12番まで4連続バーディで再浮上。結局6バーディ3ボギーの「69」でホールアウトしてクラブハウスリーダーとなった。

一方、首位タイから出た比嘉も、スコアを1つ落として迎えた後半の9ホールで挽回を見せた。亀代を1打追う立場で迎えた最終18番では、2打目でグリーンを捉えられなかったものの、そこから起死回生のチップインバーディでプレーオフへと決着を持ち越した。比嘉は決勝ラウンドがマッチプレー形式だった2012年、14年大会に続く3度目の2位となった。

通算4アンダーの3位には、昨年大会優勝の金谷拓実と小斉平優和が入った。

最終更新:7月8日(金)17時13分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]