ここから本文です

【夏休み2016】京大博物館の体験学習プログラム「体験EXPO」8/3-5

リセマム 7月8日(金)14時45分配信

 京都大学総合博物館は、夏休み学習教室「体験EXPO 2016’夏」を、8月3日から5日まで開催する。昆虫や植物、天体、元素など、さまざまなテーマの7つのプログラムが実施される。対象は小学3年生から中学生。参加には事前の申込みが必要。

体験EXPO 2016’夏/プログラム

 「体験EXPO 2016’夏」は、京都大学総合博物館の夏休み恒例企画。無線でつながった電子ブロックを使う工作「未来の図工室」や、植物の「いのち」の姿を感じながら、華道の家元から指導を受け、生け花に挑戦する「命をいけよう―大作いけばなに挑戦―」、普段は見ることができない、博物館の貴重な標本を実際に見て、深海魚の「かたち」や「くらし」について学ぶ「海のモンスター 『深海魚』のふしぎ」などのプログラムが提供される。

 また、子どもは自分で組み立てた望遠鏡で月や星を観察し、保護者は二枚貝についての学習教室「貝体新書」で学ぶという、小学生親子で参加できるプログラムもある。 

 対象は小学3年生から中学生で、プログラムによって対象年齢や定員は異なる。小学生は必ず保護者の同伴が必要。参加は無料だが、博物館への入館料が必要。また、教材費が別途必要なプログラムもある。詳細は、京都大学総合博物館のWebサイトで確認できる。

 申込みは、必要事項、希望プログラムを記載のうえ、往復はがきかメールで博物館まで申し込む。締切りは7月13日。応募者多数の場合は抽選。

◆体験EXPO 2016’夏
日程:8月3日(水)~5日(金)
会場:京都大学総合博物館(京都市左京区吉田本町)
対象:小学3年生~中学生。プログラムによって対象年齢は異なる※小学生は必ず保護者の同伴が必要
定員:プログラムによって異なる
参加費:無料※教材費が別途必要なプログラムもあり
入館料:一般400円/大学生・高校生300円/中学生・小学生200円
申込方法:往復はがきかメールで申し込む。応募者多数の場合は抽選
締切り:7月13日(水)必着。抽選結果は7月29日(金)までに連絡

【プログラム】
・未来の図工室―コップがしゃべり、しゃもじが歌いだす!/8月3日(水)10:00~12:00/小学3年生~中学生対象/定員12名
・命をいけよう―大作いけばなに挑戦―/8月3日(水)13:30~15:30/小学4年生~中学生対象/定員10名
・望遠鏡を作って星や月を観察しよう+大人のための学習教室「貝体新書」/8月3日(水)17:00~20:00/小学5・6年生と保護者対象/定員20組40名
・海のモンスター「深海魚」のふしぎ/8月4日(木)10:00~12:00/中学生対象/定員25名
・元素博士ジュニアになろう!~えれめんトランプをしながら元素を知ろう~/8月4日(木)13:30~15:00/小学3年生~中学生対象/定員20名
・昆虫の社会の不思議―アリとシロアリを比べてみよう―/8月5日(金)10:00~12:00/小学5・6年生~中学生対象/定員20名
・トカゲとヘビはどこがちがう?/8月5日(金)13:30~15:00/小学4年生~6年生対象/定員30名

《リセマム 塩田純子》

最終更新:7月8日(金)14時45分

リセマム