ここから本文です

葛城家の“ソウルフード”はコンビニ弁当!「葛城事件」本編映像にみる、ゆがんだ家族像

映画.com 7月8日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 劇団「THE SHAMPOO HAT」を率いる赤堀雅秋が、「その夜の侍」(2012)に続いて自身が手がけた舞台を映画化した「葛城事件」(公開中)の本編映像集が、公開された。登場人物たちの食事シーンに焦点を当てている。

こんな家族は嫌だ……「葛城事件」本編映像:食事シーンはこちら!

 映画は、次男の稔(若葉竜也)が無差別殺傷事件を起こし、葛城一家が崩壊に至るまでの道のりをたどっていく。家族に威圧的に接する葛城清(三浦友和)、清に支配されるがままの生活を送る妻・伸子(南果歩)、リストラされたことを打ち明けられない長男・保(新井浩文)、鬱屈した思いをくすぶらせるニート・稔の関係が徐々にゆがんでいき、やがて伸子が家出をしたことから家族に危機が訪れる。田中麗奈が、死刑制度反対の立場から稔と獄中結婚する星野を演じる。

 後味の悪さが売りの本作だが、それぞれの食事シーンも異様な雰囲気に包まれており、各キャラクターの“闇”を反映していると見ることもできる。映像では、閉め切った自室のベッドでコンビニ弁当を食べ、窓から見える近所の住人に「暇なヤツら。他にすることないのかよ」と毒づく稔の様子や、リビングにいる伸子が、電話が鳴っても黙々とコンビニ弁当をほおばる姿など、個々人の孤独感を見る者に印象付けるシーンが切り取られている。

 高圧的な清に耐えかねて家を飛び出した伸子が、アパートで稔・保と惣菜を食べながら“最後の晩さん”について自嘲気味に語り合う光景や、稔が殺傷事件を起こす直前、包丁を隠し持って出かける際の伸子の食事シーンも収められており、家族の団らんの場である“温かな食卓”から遠く離れた現状に、葛城家に染みついた不協和音が感じ取られる内容になっている。

最終更新:7月8日(金)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。