ここから本文です

『crossbeats REV. SUNRISE』本日より“STORY Phase:02”が配信開始!

ファミ通.com 7月8日(金)11時56分配信

●新たな物語が解き明かされるストーリーミッション開放!
 全国のアミューズメント施設で稼動中の、カプコンのアーケード向け音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE(クロスビーツ レヴ サンライズ)』。本日2016年7月8日より、同作において新たなストーリーミッション“STORY Phase:02”の配信が開始された。

 以下、リリースより。

----------

 株式会社カプコンは、全国のアミューズメント施設で稼働中の音楽ゲーム『crossbeats REV. SUNRISE』(クロスビーツレヴ サンライズ)において、本日2016年7月8日(金)より新たなストーリーミッションとなる「STORY Phase:02」を配信開始いたします。
 『クロスビーツ』の物語を体験できる“ストーリーピース”に、本日新たにストーリーミッション「STORY Phase:02」が追加され、さらに10種類のピースが解禁できるようになりました。
 ※5月27日に開始されたストーリーミッション「STORY Phase:01」(全10ピース分)と合わせて、本日7月8日以降は全部で20種類のミッション、ピースが御座います。
 新たに追加された10種類の“ストーリーピース”も、ゲームをプレイし、10個のミッション(時には条件が隠されたミッションもあります)を達成することで、解禁させることができます。
 なお、10個のミッションは、クリアすることで、それぞれ異なる“ストーリーピース”を獲得することができます。
 ファンの方々よりご要望が高かった『クロスビーツ』の物語が、ますます明らかになっていく『crossbeats REV. SUNRISE』をお楽しみください。

■与えられた使命、片隅の記憶…
【配信開始日】:2016年7月8日(金)

 集めた“ストーリーピース”は、ゲームの最後に遷移する「MY HOME」にある「STORY PIECE」という項目で確認することが可能です

◆「紅刃のカナタ」登場記念!フォロー&RTキャンペーン 開催中!

【内容】:
現在開催中のストーリーイベント「Phase:03 REMNANT」で新サポートキャラクター「紅刃のカナタ」の登場を記念してたTwitterキャンペーンが開催中!期間中、『crossbeats REV. SUNRISE』公式Twitterの対象ツイートをRTされた方の中から抽選で3名様に新サポートキャラクター「紅刃のカナタ」のCVを務める「三澤 紗千香」さんのサイン入りステッカーをプレゼントいたします。

【開催期間】:
対象ツイート発信後 ~ 7月10日(日)23:59
※上記期間で、RTされた方が対象となります。

◇『crossbeats REV. SUNRISE』 公式Twitter ⇒こちら
 アカウント:@crossbeatsREV
 ハッシュタグ:#cbREV

<注意事項>
・引用リツイートは抽選の対象外となります。
・本プレゼント企画には「crossbeats REV. SUNRISE公式Twitter」アカウントのフォローが必要となります。
・抽選前に「crossbeats REV. SUNRISE公式Twitter」アカウントのフォローを解除された場合、抽選の対象外となります。
・当選者にはダイレクトメッセージにて、2016年7月11日~15日にご連絡いたします。その際プレゼント発送のため氏名・住所等をお伺いいたします。
尚、ダイレクトメッセージに記載の期間内にご連絡いただけない場合は権利放棄とみなし、当選を無効とさせていただきます。
・当選時にご連絡いただきました情報に誤りがあった際等、賞品がお届けできない場合には、当選の権利を無効とさせていただきます。
・当選可否についてのお問い合わせにはお答えいたしかねます。
・賞品のお届けは日本国内に限らせていただきます。
・賞品の発送は、2016年7月中旬~下旬を予定しております。
・16歳未満のお客様は、保護者の方の同意を得た上でご提供ください。
・個人情報は、景品発送、お客様への連絡、本プレゼント企画運営の目的に限り使用いたします。

最終更新:7月8日(金)11時56分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。