ここから本文です

【レベルス】バッキバキの肉体持つ中国女格闘家が来襲

イーファイト 7月8日(金)16時56分配信

 8月7日(日)東京・大田区総合体育館で開催される『REBELS.45』の追加対戦カードが発表された。今大会は中国のビッグイベント『KUNLUN FIGHT(クンルン・ファイト)』との合同興行として行われ、女子MMA(総合格闘技)のベテラン藤野恵実(和術慧舟會GODS)の出場が決定。

【フォト】藤野が17歳ホープを撃退

 藤野はMMAクンルンファイトルールで、Zhang Weili(中国)と対戦する。藤野は鍛え上げた肉体から放つ打撃を得意とし、常に前へ出る突貫ファイトが持ち味。対するZhang Weiliはデビュー戦のみ判定で敗れたが、以後5戦は全て打撃によるTKO勝ちか関節・絞め技による一本勝ちを飾っている。

 急速にMMAでもレベルを上げている中国だけに、ベテラン藤野といえども油断のならない相手のようだ。

 同じくMMAクンルンファイトルールで、HPS DATE(Team DATE)vs Zhang Meixuan(中国)の一戦も決定。Zhang Meixuanは10勝4敗の戦績で、勝った試合は1試合を除き全て関節・絞め技による一本勝ち(8勝)か打撃によるTKO勝ち(1勝)。1勝5敗のHPSは難敵を迎えることに。

 また、ISKAオリエンタル・インターコンチネンタル・スーパーウェルター級王者の小西拓槙(フリー)は、当初Tien Shinとの対戦が決まっていたが、2015年Super Muaythai 4 Man Fight 72.5kg王者Li Zhuangzhuang(中国)との対戦に変更となった。

 オープニングファイトでは、元シュートボクシング日本スーパーバンタム級王者&MA日本バンタム級暫定王者・伏見和之(シーザー力道場)がキム・ギフン(STRUGGLE)とムエタイルールで対戦する。

最終更新:7月8日(金)16時56分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。