ここから本文です

【夏休み2016】高速鉄道の歴史を探ろう、名古屋「リニア・鉄道館」7/13-8/31

リセマム 7月8日(金)15時15分配信

 名古屋市にあるリニア・鉄道館は7月13日から8月31日まで、楽しみながら鉄道について知ることができる夏休みイベントを開催する。700系新幹線電車の誕生の経緯や、超電導リニアが浮上して走る仕組みや開発の歴史を紹介するガイドツアーなどが行われる。

見どころガイド(過去のイベントのようす)

 リニア・鉄道館は、東海道新幹線を中心に在来線から超電導リニアまで展示しており、「高速鉄道技術の進歩」を紹介している。模型やシミュレーターなどを活用し、子どもから大人まで楽しく学べる施設となっている。

 期間限定で行われる夏休みイベントは、「高速鉄道の進化の歴史を探ろう!」がテーマ。ガイドツアー「700系新幹線をもっと知ろう!」では、700系新幹線の誕生の経緯や特徴を、先頭形状の変化、車両の軽量化、省エネ性能などの観点からわかりやすく紹介。超電導リニアMLX01‐1車内で行われるガイドツアー「超電導リニアの秘密を探ろう!」では、超電導リニアが浮上して走る仕組みや開発の歴史などについて紹介する。

 0系新幹線運転台の特別公開では、子ども用制服を着て記念撮影ができる。ほかにも、展示車両や鉄道ジオラマなど館内の見どころを解説する「みどころガイド」や、クイズラリー、ペーパークラフトなどのイベントが予定されている。

 さらに、きかんしゃトーマスのキャラクターショーや特別映像の上映、富士フイルムの撮影体験イベントなどタイアップ企画も開催。ジェイアール名古屋タカシマヤ「わくわくレールランド」とのタイアップ企画では、「わくわくレールランド」とリニア・鉄道館の両会場でスタンプを集めた先着500名にグッズがプレゼントされる。

 ミュージアムショップとデリカステーションでは、夏にぴったりの鉄道グッズの販売や、期間限定のお弁当販売も行う。リニア・鉄道館限定の「キッズサンド」は、具材がこぼれにくく、子どもが食べやすいサンドイッチ。「キッズサンド」を購入すると、リニア・鉄道館5周年ロゴのオリジナルぬりえがもらえる(商品1個につき1枚、11月まで配布。なくなり次第終了)。販売は、土日祝日限定。

◆リニア・鉄道館の夏休みイベント
開催日:7月13日(水)~8月31日(水)
※夏休みイベント開催期間中は7月19日(火)を除き開館

【700系新幹線をもっと知ろう!】
開催時間:11:00~、15:30~
開催場所:700系新幹線車内
参加方法:館内にて受付
定員:各回15名程度(先着順)
所要時間:約30分

【超電導リニアの秘密を探ろう!】
開催時間:13:30~
開催場所:シンボル展示エリア
参加方法:館内にて受付
定員:各回15名程度(先着順)
所要時間:約30分

【みどころガイド】
開催時間:14:30~
参加方法:館内にて受付
定員:各回15名程度(先着順)
所要時間:約30分

【0系新幹線運転台の特別公開】
開催場所:0系21形式新幹線
参加方法:0系21形式新幹線のホームにて受付
定員:各日約85組(1組最大4名まで、先着順)
フォトサービス料金:1,030円(記念カードとセットの場合1,530円、いずれも税込)

【クイズラリー「新幹線をもっと知ろう!」】
対象:小学生以下
参加方法:館内で「探検シート」を配布、自由に参加できる

【ペーパークラフトをつくってみよう!】
開催時間:10:00~17:00
場所:2F体験学習室(席に限りがある)
参加方法:ペーパークラフトを総合案内で購入し、備え付けのボンドなどを使って工作ができる
料金:ペーパークラフト各種300円(税込)

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:7月8日(金)15時15分

リセマム