ここから本文です

ディズニー実写版『美女と野獣』ポスター初公開!主演はエマ・ワトソン

シネマトゥデイ 7月8日(金)10時56分配信

 エマ・ワトソンが主演を務めるディズニーの実写映画『美女と野獣』の海外版ポスターが初公開された。物語のカギとなる、ガラスのドームに入った魔法のかけられた一輪のバラをフィーチャーした幻想的な仕上がりとなっている。

【写真】プリンセスではなく魔女時代のエマ・ワトソン

 ヒロイン・ベルと、見かけばかりを気にしたことが災いして魔女に恐ろしい野獣の姿にされてしまった王子の出会いと交流をつづった『美女と野獣』。王子は、魔女が残した一輪のバラの花びらが散り終わるまでに真実の愛を見つけられなければ、ずっと野獣の姿のまま……。5月に公開されたアメリカ版のティザー予告では、最後にちらりと、このバラに手を伸ばすベルにふんしたエマの姿が映っていた。

 1991年製作のアニメーション版と同様にミュージカルとして描かれる実写版では、『ドリームガールズ』のビル・コンドン監督がメガホンを取った。エマだでけなく、野獣役にダン・スティーヴンス、悪役ガストン役にルーク・エヴァンス、置き時計の執事役にイアン・マッケラン、ポット夫人役にエマ・トンプソン、燭台の給仕頭役にユアン・マクレガーと人気俳優が勢ぞろいしており、彼らがどんなビジュアルで登場するのかも気になるところ。(編集部・市川遥)

最終更新:7月8日(金)10時56分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。