ここから本文です

松本薫のトレードマーク「野獣顔」復活

東スポWeb 7月8日(金)10時1分配信

 柔道女子57キロ級代表の松本薫(28=ベネシード)は2大会連続金メダルへいよいよ覚醒した。

 スペインでの国際合宿を終えて帰国し「主要なメンバーが来ていた。しっかり持ちにいく、相手の柔道をやらせないってことが日本柔道の魅力、自分の柔道の魅力であるので、そこを徹底的にやっていきたい」と大きくうなずいた。

 5月のワールド・マスターズ大会(メキシコ)ではまさかの初戦敗退。連覇へ暗雲が垂れ込めたが、強豪フランスを筆頭に世界のライバルが集う合宿で圧倒的な存在感を放ってみせた。

 全日本の谷本歩実コーチは「鳥肌が立つくらいの乱取りをしてました。もう試合ですよ、戦いです。すごいです!」と興奮冷めやらぬ様子で称賛。さらに、あの“トレードマーク”も久々に炸裂したという。「あの顔つきでやってますからね。日本の合宿じゃ考えられないです」(同)。ロンドン五輪で日本中の注目を集めた「野獣」の表情が、ついに復活したというのだ。

 残る期間は国内で調整する。大舞台を前にしても「テンションが高まることはない」と松本は自然体。その一方で、仕上がりについては「つくり上げたというか、だいぶ『来たな』と思います」と笑顔を見せた。キャリア集大成の五輪へ、確かな手応えを感じていることは間違いない。

最終更新:7月8日(金)10時19分

東スポWeb