ここから本文です

「運動会ではいつもビリ」アマチュア娘の一等賞、母はビックリ仰天

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月8日(金)19時8分配信

北海道北斗市で8日に開幕した「ニッポンハムレディス」でアマチュアの小祝さくら(北海道・飛鳥未来高3年)が6連続バーディを含む「65」でプレー。7アンダーとして、後続に3打差をつける単独首位で滑り出した。プロ1勝の勝みなみ(鹿児島高3年)らと同じ、期待の世代の一人。プロツアー7戦目の18歳は、地元の新規大会での躍進に「まさかです」と驚きを隠せない。

【画像】壇蜜的?色香を感じさせる18歳・小祝さくら

リーダーボードを駆けあがった見慣れない名前。周りも騒然としたが、一番ビックリしたのは当の本人と母だった。4番でボギーを先行。10mのバーディパットを決めた7番から、勢いに乗った。8番も奪うと、9番で再び10m強を入れた。折り返した10番もチップイン。11番で5m、12番で再度10mを沈めた。さらに伸ばし、プロたちを置き去りにした。「6連続も(ホールアウト後の)いま知りました」とコース上では無心だった。「入り過ぎて怖い…」と、口を開けたままになった。

自他ともに認める運動音痴。昔から運動会の徒競走ではいつもビリ。中学時代には同級生から「リレーに出ないで」と言われたことも。20mを、徐々に速くなる音にあわせ往復するシャトルランは48回ほど。同年代の女子選手は「80回くらい」なので、その半分程度だという。小学生で習ったヒップホップのダンスは半年で辞めた。

母・ひとみさん(36)の影響で、8歳でクラブを握った。ゴルフは続いた。少し天然っぽく「運動神経は関係ないんですよ」と言い張る。みるみる力をつけ、北海道のジュニア大会などで優勝。中学入学のころには「プロになりたい」と意識した。遠征は多くなり、費用はかさんだ。

家計は厳しい。母子家庭の小祝家。高校の試合では半分は、高校が負担する。だが、他は実費。母は飲食店を自営する。娘がプロを意識し出したころに開いた。「昼は(娘に)つけるように、夜働かないと」。この日も駆けつけた母の苦労がにじむ。

緊張しながら、ゆっくりと取材に答える小祝。胸に秘める闘志はある。今大会の練習日に勝と回った。来年受験予定のプロテストまでに追いつけるように、といまは憧れの存在。その日も「全然追いつけなかった」と母に言った。「でも、強い人が多い世代だから私も頑張らないと、一応は言うんです」と笑う母。

小祝は「あしたもこのスコアを出すのは無理」と息を吐いた。母も「(優勝は)絶対にないですよ。普段やっていることを出してくれたら」とほほ笑む。だが、初日の主役は奪った。どんな結果であれ、決して小さくない祝いが待っている。(北海道北斗市/林洋平)

最終更新:7月8日(金)20時1分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]