ここから本文です

「八月一日」「勘解由小路」…2016年上半期名字ランキング発表

リセマム 7月8日(金)16時15分配信

 名字情報検索サイト「名字由来net」は7月7日、「2016年上半期の名字アクセスランキング」を発表した。1位に選ばれたのは、全国でもっとも多い名字である「佐藤」。2015年上半期に続き、2年連続の1位となった。「佐藤」についで多い名字の「鈴木」は4位だった。

関連画像を見る

 2016年上半期名字アクセスランキングは、約30万件弱あるとされる日本の名字(姓)のうち、日本の全人口の98.83%以上の名字を網羅している名字由来netが、 2016年の上半期でアクセス数の多かった名字をランキング化したもの。

 1位となったのは、日本でもっとも人口が多い名字である「佐藤」。人数は約189万3,000人と、全国順位1位。2015年上半期に続き、2年連続のアクセスランキング1位となっている。

 2位は、全国に約80人しかいない名字「八月一日」。読みは、「ほずみ」「はっさく」「やぶみ」「ほづみ」。3 位に入ったのは、ラグビーの人気選手である五郎丸歩選手と同じ「五郎丸」だった。

 「佐藤」に続いて、人数が多い「鈴木」は、アクセスランキング4位となった。5位は、全国人数たった10人という珍名字の「勘解由小路」(かでのこうじ)。人口が多くなじみのある名字、珍しい名字、読むのが難しい名字が、ランキングの上位に並んだ。

 サイトでは、2016年上半期名字アクセスランキングの100位までを発表している。ランキングのほか、全国の人数、名字の読み方、由来なども知ることができる。

◆2016年上半期名字アクセスランキング
1位「佐藤」
2位「八月一日」
3位「五郎丸」
4位「鈴木」
5位「勘解由小路」
6位「田中」
7位「神」
8位「高橋」
9位「小鳥遊」
10位「真塩」

《リセマム 奥山直美》

最終更新:8月17日(水)18時33分

リセマム