ここから本文です

ニコラス・ウィンディング・レフン監督、「ドライヴ」続編はないと断言

映画.com 7月8日(金)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 新作「ザ・ネオン・デーモン(原題)」をプロモーション中のニコラス・ウィンディング・レフン監督が、ヒット作「ドライヴ」の続編について製作の意思はないことを語った。

 英メトロ紙のインタビューに応じたレフン監督は、「ドライヴ」(2011)、「オンリー・ゴッド」(13)で組んだ俳優ライアン・ゴズリングと、再び新作を撮る可能性があることを明かした。その企画が「ドライヴ」続編かと聞かれたレフン監督は、「それはない。観客を心底落胆させるだけだから、『ドライヴ』の続編なんて絶対に作らない」と断言。「期待されても、やらないほうがいい場合もある。続編を作ることで、前作で築いた神話をぶち壊してしまうこともあるから」と説明した。

 レフン監督の新作「ザ・ネオン・デーモン」は、モデルとして成功するためにロサンゼルスにやって来た16歳の少女ジェシーのダークな野望を描くスタイリッシュなホラー映画で、エル・ファニングがミステリアスなヒロイン、ジェシーを演じている。レフン監督曰く、ファニング以外の主演女優は考えていなかったとのこと。「彼女にはそれ(カリスマ性のようなもの)があるんだ。彼女にしか備わっていない。僕がこの作品に望んでいたのは彼女だけで、だから僕のミッションはエル・ファニングを獲得することだった」と語っている。「ザ・ネオン・デーモン」は先日アメリカで封切られ、イギリスでは7月8日から公開。日本では来年公開の予定。

最終更新:7月8日(金)12時0分

映画.com