ここから本文です

EURO初出場でベスト4、ウェールズが地元でパレード

ISM 7月8日(金)11時34分配信

 EURO2016を沸かせたチームの1つ、ウェールズ代表が現地時間7日にカーディフで凱旋パレードを行なうことになった。FAW(ウェールズサッカー協会)が発表している。

 4年前はFIFA(国際サッカー連盟)ワールドランキングで100位にも入っていなかったウェールズだが、EUROでは快進撃を披露。グループリーグを突破すると、決勝トーナメント1回戦で北アイルランドとの英国対決を制し、準々決勝では優勝候補の一角ベルギーを撃破。6日の準決勝でポルトガルに0対2と敗れたが、初出場のEUROでベスト4という成績を残した。

 歴史を作ったウェールズ代表は7日に、オープントップのバスで市内をパレード。その後、「カーディフシティ・スタジアム」でのプレゼンテーションに臨む。スタジアムではウェールズ代表のEURO2016公式アンセム『Together Stronger (C'mon Wales)』を作った地元出身の人気バンド「マニック・ストリート・プリーチャーズ」がライブパフォーマンスを行なう予定。

 FAWのチーフエグゼクティブであるジョナサン・フォード氏は「このイベントは、ウェールズサッカー界の歴史的な時間を祝う素晴らしい方法になるだろう」と述べた。(STATS-AP)

最終更新:7月8日(金)11時34分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。