ここから本文です

フジテレビ、新木優子ら出演で7月に新深夜ドラマ

映画.com 7月8日(金)17時0分配信

 [映画.com ニュース] フジテレビはこのほど、岡村星氏原作の人気同名マンガを実写化したシチュエーションコメディドラマ「ラブラブエイリアン」を、7月クールの連続ドラマとして放送すると発表した。初回放送は7月13日。

 原作マンガは、2012年1月から「別冊漫画ゴラク」(日本文芸社刊)で連載スタートし、現在はウェブ漫画サイト「ゴラクエッグ」で連載中。物語は、突如女性専用アパートに不時着した手のひらサイズの宇宙人と、その宇宙人と同居することになった女性たちの日常を描いた内容。宇宙人は驚異の科学力を持ち、いつでも地球を滅ぼせるというが、女性たちは宇宙人をものともせずガールズトークを展開し、イマドキ女子の本音をさらけ出しまくるという話題作だ。

 ドラマ化では、新木優子、森絵梨佳、太田莉菜、久松郁実の4人がメインキャストとして登場し、女性視聴者にはストレス発散と共感の場を、また男性視聴者には興味と恐怖が交錯する女性の本音の世界を提供する。監督は、現在上映中の映画「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」や、フジテレビの「トリハダ」シリーズなどを手掛けてきた三木康一郎が担当する。(文化通信)

最終更新:7月8日(金)17時0分

映画.com

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。