ここから本文です

ドルトムント、スボティッチ退団にゴーサイン 新天地はプレミアか

ISM 7月8日(金)17時7分配信

 新天地を探しているDFニーヴェン・スボティッチ(27)に対し、所属先のドルトムント(ドイツ)が他クラブとの交渉を許可したようだ。行き先についてはイングランド・プレミアリーグが噂されている。現地時間7日、独『ビルト』紙(電子版)などが報じている。

 ドルトムントと2018年まで契約を残しているスボティッチだが、トーマス・トゥヘル監督の構想外となっていることを理由に、今夏の退団を希望していた。『ビルト』によると、クラブ側はこのたび、移籍先と自由に交渉ができるよう、スボティッチをチーム練習から外したという。なお、同選手の移籍金額は500万ユーロ(約5億6000万円)と言われている。

 スボティッチについては、同じドイツのケルンもねらっているようだが、英メディア『HITC Sport』によれば、今季からプレミアリーグを戦うミドルズブラも獲得を希望している様子。すでに交渉を開始しているようだが、ほかにもプレミアの複数クラブが同選手にねらいを定めているという。

最終更新:7月8日(金)17時8分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。