ここから本文です

「もう一つの被災地がある」 笑顔の戻った“若女将”ゴルファーが願うこと

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月8日(金)20時23分配信

熊本県を中心に九州地方を襲った最大震度7の「熊本地震」から3カ月近くが経った。「前震」となった揺れが起きたのは、国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディス」の開幕前日。「被災地・熊本」の様子は全国に流れた。だが、被害を受けたのは熊本だけではない。

最新画像続々アップ!「ニッポンハムレディスクラシック」フォトギャラリー

昨年プロテストに合格し、ルーキーイヤーを送る篠原まりあの実家は、大分県九重町の温泉旅館「渓谷の宿 二匹の鬼」。週末は予約困難なほどの人気ぶりだった。だが、震災で一変した。「あんまり、お客さんが来なくなった」と言う。土砂が崩れ、旅館への道は通行止めになった。客足は例年の2、3割程度に沈む。豪雨による土砂崩れも起きた。従業員の叔父は「九州の方(かた)はなんとか。でも他の地域や海外からがめっきり(減少)です」と嘆く。

長女で本来は、女将となる予定だった。だが、プロゴルファーになる決意を固めた。女将の母・聡美さんに背中を押された。昨年、新人戦で優勝した際に「私が活躍したら旅館の名前が売れる」と意気込んでいた。実家はいま窮地ともいえる状況に陥っている。それでも「あんまりお母さんは、私に心配をかけまいと(様子を)言わないんです」と一点を見つめた。

結果を残そうと、焦る気持ちは裏目に出た。震災後、レギュラーツアー5試合の出場で4度の予選落ちを喫した。「気づかないうちに(震災以降)笑えなくなっていた」と振り返る。「ゴルフにも影響していたかも」と続けた。

この日、北海道で開幕した「ニッポンハムレディス」で3アンダー4位と好発進を切った。「もっと伸ばせたかなと思います。もったいなかったな。最終9番の2mを外しちゃった」と元気よく悔しがった。悲しみは、いまは胸にしまった。さわやかな笑みがこぼれた。(北海道北斗市/林洋平)

最終更新:7月9日(土)9時8分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]