ここから本文です

2016年の学生フォーミュラは過去最多106チームが参加、インドや中国からも

MONOist 7月8日(金)6時25分配信

 自動車技術会は2016年7月7日、東京都内で会見を開き、「第14回 全日本学生フォーミュラ大会」の開催概要などを発表した。会場は例年通り、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園(エコパ)で、同年9月6~10日の5日間で実施する。エントリーは過去最多の106チームだ。

【早稲田大学の参戦車両や上智大学の車両コンセプトなどその他の画像】

●海外勢の初エントリー増

 全日本学生フォーミュラ大会は、レーシングカーを開発/販売するベンチャー企業になったつもりで、学生たちが車両の走行性能や開発力、販売戦略、コスト管理などを競う。年産1000台を想定したビジネスモデルを提案するプレゼンテーションも種目に含まれている。

 同大会は「Formula SAEシリーズ」の1つで、日本を含む世界8カ国において同一のルールで11大会が実施されている。シリーズ以外にも東南アジアや欧州、カナダなどで同様の競技大会を開催しており、グローバルな競技となっている。

 今回は海外勢31チームを含む総勢106チームがエントリーし、過去最多となった。中国やインド、台湾、インドネシア、マレーシアなどから15チームが初エントリーする。「日本がFormula SAEシリーズに参加したことで、日本大会の認知度が高まったのが要因だろう。積極的に日本と海外の学生が交流する場としていきたい」(大会委員長を務めるトヨタ自動車 先進技術開発カンパニー 技術管理部の松本保志氏)。

 前回優勝したオーストリアのグラーツ工科大学が2016年も参加。EVクラスでは、3連覇中の静岡理工科大学が名古屋大学と合同でエントリーする。

 同大会はガソリンエンジン車と電気自動車の2クラス制だ。クラス共通のレギュレーションとして、タイヤをカウルで覆わず、コックピットがオープンな1人乗りとしなければならない。ガソリンエンジン車は、排気量が610cc以下の4サイクルエンジンで、排気音量は110dB以下とされている。ガソリンエンジン車クラスでは海外チームの初エントリーが目立つ。一方、電気自動車クラスは、バッテリーの最大電力が連続的に80kWを超えないことや、最大公称作動電圧を600Vとすることが条件となる。

●参戦車両のこだわりは、チームごとにさまざま

 会見では、エントリーした早稲田大学、上智大学、横浜国立大学の3チームが参戦車両を紹介した。過去の大会での経緯やチームの方針を反映し、各チームがさまざまなポイントにこだわっている。

 早稲田大学は、2013年から2015年にかけて総合順位を落とし続けている。2013年に完走を果たして総合37位となったが、2014年は48位、2015年は58位だった。敗因となったのは、クラッチが切れなくなるトラブルや、車両製作のスケジュール管理の不備、車検に想定以上の時間がかかってしまったことにある。

 2016年の参戦車両は、スケジュール管理を徹底し2016年4月には完成させた。スロットル系やギア比を見直してドライバビリティの向上した他、電装部品を作りなおしてメンテナンス性を改善した。応答性や挙動の安定性も磨いている。今大会では全種目の完走と総合順位15位を目指す。

●軽量化ボディで勝負

 上智大学は軽量化でライバルとの差別化を図る。「エンジンにこだわっても、実際のコースで性能を使いきるのは難しい。一方で軽量化はコーナリングや加速性能にダイレクトに効果がある」(上智大学チーム)とし、車体や足回り、エンジンに至るまで軽量化を図っている。

 同チームは2014年の参戦車両の重量が210kg、2015年は180kgと軽量化に成功し、2016年の参戦車両の重量は174kgとなった。早稲田大学の車両重量は245kg、横浜国立大学は215kgなので、比較してもかなり軽量な車両だといえる。

 車体は炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用したモノコックで、重量は17kgだ。フレームのボディと比較してねじり剛性は最大7倍に向上できるとしている。タイヤやホイールは小径化し、従来比55%の軽量化を実現した。重量を低減するだけでなく、タイヤの性能を限界まで使いやすくなるという。足回り部品の1つであるアップライトは、アルミニウムよりも軽量化でき、強度も向上するマグネシウム鋳造製とし、従来比26%の重量低減を図った。

 また、上智大学は2013年から軽量化を目的に単気筒エンジンを採用している。4気筒エンジンと比較して重量を30kg削減できるが、出力が45%低下してしまう。これに対し、2015年からは単気筒エンジンにターボチャージャーを組み合わせ、20%の出力増を図っている。

●エースドライバーがいなくなった今こそ、誰でも運転しやすいクルマに

 2015年までエースドライバーだったメンバーが大学を卒業したため、横浜国立大学はドライバー不足に陥っていた。「ドライバーのなり手が少なく、苦労している。学生フォーミュラの車両は乗用車とは異なる運転感覚なので、運転免許さえあれば速く走れるわけではない。ドライバーの習熟度によってはラップタイムが4秒も差がついてしまう」(横浜国立大学チーム)。

 2015年まではエースドライバーの運転を基準に参戦車両を進化させてきたが、今大会からはそのエースドライバーよりも運転技術が未熟なドライバーがステアリングを握る。さらに、担当する種目ごとにドライバーの技量に差がある。こうしたチーム事情を踏まえて、今大会からは運転技能の習熟に関係なく、運転しやすい車両とすることを目指した。

 同チームでは、車両挙動の改善や、ドライバーの操作に対する即応性や正確な応答、適正なフィードバック、タイヤのグリップ向上に重点を置いて今大会の参戦車両を開発。パワートレインは、駆動力がアクセル操作に対して滑らかに変化するようにし、アクセルの踏み始めの駆動力が早く立ち上がるようにした。これにより、ドライバーの意図通りの加速を実現したという。また、リアウィングを搭載してダウンフォースを発生しやすくした。

 どのドライバーでも運転しやすくなっているかどうかは、市販のカートと参戦車両を運転したタイムを比較して確認した。市販のカートのタイム差が、参戦車両では縮まっているという。また、ドライバーのインプレッションを基に、運転しやすさを追求して調整した。

 全日本学生フォーミュラ大会では、車検の他、デザインや年産1000台を想定したコスト、0~75mの加速やスキッドパッド、複雑なコースの走行タイム、燃費性能などさまざまな面で車両が評価される。2カ月後の本番に向けて、各チームとも準備を急いでいる。

最終更新:7月8日(金)6時25分

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]