ここから本文です

舞台版「恋とか愛とか(仮)」にラフレクラン出演、ストーリーは観客が選ぶ

お笑いナタリー 7月8日(金)11時7分配信

ラフレクラン西村がレギュラー出演している「恋とか愛とか(仮)」(広島ホームテレビ)が今秋舞台化され、東京、広島でキャストを替えて上演される。東京公演にはラフレクランの2人が出演することがわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「恋とか愛とか(仮)」は、実話をもとにドラマ化された広島に住む男女の恋模様を、“恋愛マエストロ”の西村と犬山紙子がトークしながら鑑賞するバラエティ。2015年度の同時間帯視聴率1位を獲得するなど、若者を中心にファンを獲得している。

このたび上演されるのは「元彼のことが忘れられない女」「肉体関係に悩む夫婦」など恋愛がテーマの物語。視聴者投票にストーリーの行方を任せるテレビ版同様の演出が施され、途中で「恋愛の分岐点」として用意された2つの展開のうち、拍手で観客に選ばれたほうのストーリーが紡がれていく。

毎回番組内ドラマで主演を務めているさいねい龍二は東京、広島公演ともに出演。ラフレクランとの掛け合いに期待しよう。チケットは7月30日(土)10時に発売される。

舞台 恋とか愛とか(仮)
脚本:田中大祐演出:小川貴史 / 田中大祐

東京公演
日程:2016年9月21日(水)~9月25日(日)会場:東京・ザ・ポケットチケット:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、カンフェティにて取り扱い。

広島公演
日程:2016年10月6日(木)~10日(月・祝)会場:広島・ぽるぽるホールチケット:HOMEイベントセンター、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて取り扱い。

最終更新:7月8日(金)11時7分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。