ここから本文です

チェルシーがモラタ獲りに参戦、アーセナルのオファー超える約83億円用意か

ISM 7月8日(金)17時16分配信

 FWアルバロ・モラタ(23)の獲得競争に、新たにチェルシー(イングランド)も加わったようだ。これまで、同選手には同じイングランドのアーセナルがオファーを提示していたが、チェルシーははるかに高額な移籍金を用意しているという。

 スペイン『Sport』紙(電子版)が現地時間7日に伝えたところによると、チェルシーは同選手獲得に向け7500万ユーロ(約83億4000万円)を準備。ユヴェントス(イタリア)からレアル・マドリー(スペイン)に復帰した同選手についてはアーセナルが関心を示していたが、同クラブの提示額は4500万ユーロに届くかどうかといったところ。レアルが振り向くとは思えない数字だった。

 そこでモラタ獲りに加わったのがチェルシーだ。アントニオ・コンテ新監督は前線での多彩なオプションを求めており、同選手はそのお眼鏡にかなう人材と言える。7500万ユーロという額なら、レアルを交渉のテーブルに着かせることができるかもしれない。

 なお、レアルのジネディーヌ・ジダン監督はモラタの残留を願っているが、モラタ自身は“BBC”ことクリスティアーノ・ロナウド、ギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマの控えに甘んじるつもりはなく、移籍を望んでいると噂されている。

最終更新:7月8日(金)17時16分

ISM