ここから本文です

アーチェリー近大コンビ「金」へ援軍や!金コーチの帯同決定

デイリースポーツ 7月8日(金)7時0分配信

 東大阪市の近大で7日、リオデジャネイロ五輪の壮行会が行われ、同大出身のアーチェリー男子個人代表・古川高晴(31)=近大職、女子個人、団体代表・川中香緒里(24)=ミキハウス=らが参加した。同大の金清泰(キム・チョンテ)コーチ(36)が代表スタッフとして初めて五輪に同行することが決定。金メダルを“射抜く”強力な態勢が整った。

 金氏は00年シドニー五輪で韓国代表として団体金メダルを獲得し、09年に来日した。7年間、同大で指導し、世界一の技術を注入。両選手には今や心身ともに不可欠な師匠だ。

 12年ロンドン五輪銀メダリストの古川は「今までより3、4倍は安定する」と絶大の信頼。同団体銅メダリストの川中も「近大に入学以来見てもらっているから安心。銅メダル以上を持って帰る」と誓っていた。

最終更新:7月8日(金)7時24分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]